NEW

私が見た「孤独死」の壮絶な現場…何度洗っても落ちない体や服に付いた“死臭”

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

 夏は特殊清掃業者の電話が鳴りやまなくなる季節だ。私が事故物件や孤独死を追い始めて、もう4年という月日が過ぎた。この季節から孤独死がぐんと多発する。

 そもそも、なぜ私が孤独死に興味を持ったのか。私が初めて事故物件に興味を持ったのは、今から4年ほど前にさかのぼる。ひょんな偶然から、大島てるという事故物件公示サイトの運営者と知り合い、本を出すことになったからだ。その本の企画で、「死臭を嗅いでみてはいかがですか?」というてる氏の提案から、真夏の燃え盛るような暑さの日に、江東区の都営アパートを訪ねたのが初めてだった。

 階段を上っていくと、すぐに現場はわかった。ブルーの鉄製のドアは緑色のビニールテープで、まるで殺人現場のように、ありとあらゆる吹き出し口が、周到に目張りしてあったからだ。換気扇の吹き出し口、そして、ドアの四方八方、キッチンの小窓が厳重に覆われている。そのせいか、いわゆる死臭と呼ばれる臭いはなく、消臭剤のようなツンとする臭いが鼻をつく。臭いはなかったが、一室だけ目張りされたドアは周囲からは明らかに浮いていて、一種の異様な雰囲気に、ただただ圧倒されるしかなかった。その横では、カップラーメンの臭いが漂っている。隣の住民は、日常生活を送っているのだ。

『超孤独死社会特殊清掃の現場をたどる』(菅野久美子/毎日新聞出版)

 2件目に大島氏から送られてきたのは、都内のURの物件だった。エレベーターで該当のフロアに降り立つなり、あまりに強烈なウッとする臭いが、鼻孔を暴力的に襲ってくる。

 フロア全体に充満していたその臭いに、おもわずむせそうになる。それは、どこか甘ったるい腐った油のような臭いで、うだるような夏の暑さの中を漂っている。

 大きな蠅が、ブーンと目の前を通り過ぎ、ある一室の小窓に張り付いている。「ここだ!」と思った。この物件に目張りはなく、金属製のドアの隙間から、これでもかとばかりに異様な臭いが漏れ出てくる。フロアに近づいただけでこれだけの臭いを発するのだから、恐らく近隣住民の家にも、甚大な被害が及んでいるだろうと考えずにはいられなかった。

 帰りに電車に乗っていると、隣に座ったサラリーマンが私のほうを見ながら、鼻をヒクヒクさせているのが気になった。サラリーマンは私を一瞥すると、すぐに席を立った。私の体についた死臭を察知したのかもしれないと思った。

 私は家に帰ると、すぐに衣類を脱ぎ捨て、頭からシャワーを浴びた。鼻の穴に、臭いがこびりついているような気がして、指を突っ込んで何度も水を注いで、ジャワジャワと洗浄する。しかし、一度記憶として鼻に残っている臭いは、何度洗浄しても落ちそうもなかった。衣類も洗濯機に入れたが、何度洗っても死臭がついているような気がした。そのため、全部捨てることにした。

私が見た「孤独死」の壮絶な現場…何度洗っても落ちない体や服に付いた“死臭”のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事