NEW

ジャニーズ・喜多川社長の新宿2丁目通い…「(香取慎吾ら)3人は何もできやしない」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニー喜多川氏

 今月4日、7月に死去したジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏のお別れの会が東京ドームで執り行われた。所属タレント以外にも、かつてジャニー氏が育てた事務所OBたちも多数参列して、ジャニー氏のカリスマ性と事務所の影響力の大きさを世間に見せつけたかたちになった。ジャニー氏とは旧知の間柄だった芸能関係者(70代男性)・Aさんが、思い出を語った。

「最後にジャニーさんに会ったのが、今年に入ってすぐだったかな。新宿のグローブ座でばったり。『どう? 最近向こうの街(新宿2丁目)には飲みに行ってるの?』って聞かれて、『しばらくご無沙汰ですよ』って答えたら、『また行きたいねぇ』って懐かしそうな目をしていました。とにかく彼が人の悪口を言ってるのを聞いたことがない。男の中の男でした」

 Aさんはジャニー氏としょっちゅう飲み歩く仲だったという。たのきんトリオが売れ出した1980年代頃のエピソードを、こう懐かしむ。

「ジャニーさんは身長が153 cmしかないんです。上げ底ヒールを履いてようやく160cmくらいになる。六本木で一緒に飲んだ後、ヘロヘロになって歩いていたら、路上で身長2mくらいある黒人数人に絡まれた。僕は急いで逃げたんですが、ジャニーさんは近くに設置されていたドラム缶のゴミ箱を持ち上げて、黒人たちに立ち向かって行ったんです。大乱闘の末、黒人たちはバタバタとやられて道端にダウン。『こんなチビ野郎にやられるなんて! クソ!』と捨て台詞を吐いていました」

 そんな男っぽい一面とは裏腹に、少年たちへの気配りは相当なものだったという。

「当時は朝までよくジャニーさんと麻雀をやりました。決まって明け方4〜5時になると、『ハイ! 一時ストップね』と麻雀を中断する。どうしてかというと、合宿所で暮らしている少年たちが学校に持って行くお弁当を、ジャニーさん自らつくるんです。煮物とか唐揚げとか、子供の好物を手際よく用意する。それを弁当箱に詰めて持たせて、学校に送り出す。その後は彼らの洗濯も自ら行っていました。取り違えないように、一人ひとり下着に名前も書いてあげていました。よくやってるなぁと感心しましたね」(同)

ジャニーズ・喜多川社長の新宿2丁目通い…「(香取慎吾ら)3人は何もできやしない」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事