NEW

アサヒビール、新宿・思い出横丁で行った焼酎の新商品発表に脱帽…高いPR効果を実現

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アサヒビール、新宿・思い出横丁で行った焼酎の新商品発表に脱帽…高いPR効果を実現の画像1
「芋かのか」新商品の例。手前は原料で使われた「黄金千貫」

 8月20日、東京都新宿区でユニークな記者発表会が行われた。「新宿西口思い出横丁 かのか散歩」と名づけた催しで、主催したのはアサヒビールだ。

 9月3日に同社の焼酎ブランド「かのか(佳の香)」から、新商品『芋焼酎 かのか 濃醇まろやか仕立て』と、『芋焼酎 かのか 華やかすっきり仕立て』が発売。それに先がけて行われた発表会だった。

 新商品は、いずれも鹿児島県産のさつまいも「黄金千貫」や国産米の米麹を使用。アルコール度数は25%だ。「まろやか」は、220ミリリットルのペットボトル(参考小売価格220円)から、1.8リットルの紙パック(同1450円)など4タイプを揃え、「すっきり」は1.8リットルの紙パック(同1450円)、4リットルのペットボトル(同2830円)の2タイプを揃えた。現在、これらの商品は小売店で販売している。

 20日は、新聞を中心にメディア関係者が集まり、筆者も出版社の担当編集者(九州出身の20代女性)と一緒に参加した。メディア訴求の手法も興味深いので、合わせて紹介したい。

「麦」の成功を「芋」にも波及させたい

 そもそも焼酎には「麦焼酎」「芋焼酎」「米焼酎」「そば焼酎」などがある。ふだん焼酎を飲まない愛飲家でも「黒霧島」(霧島酒造)や「いいちこ」(三和酒類)などのブランドはご存じだろう。

「かのか」は1993年に発売されたブランドで、「麦」「芋」などを揃える。「焼酎甲類乙類混和売上No.1ブランドで、2019年上期(1~6月)は混和市場で35.3%を占める※」(アサヒビール)という。14年から17年まで同31%台だったが、ここ2年で伸長した。販売計画は「かのか」ブランド総計で363万ケース(前年比103%)を予定しており、そのなかで約1割を今回の新商品で担いたいそうだ。
※インステージSRI焼酎混和市場 2019年1~6月 累計販売容量シェア 7業態計

 同社の19年上半期の内訳は「麦焼酎は伸びたが、芋焼酎は伸び悩んだ」という。「芋かのか」から新商品2品を投入したのは、麦焼酎の成功体験からだ。担当者は、次のように本音を明かす。

「麦焼酎の『麦かのか』は、発売以来2017年まで派生商品を発売していませんでした。しかし、消費者調査の結果を参考に期間限定品を発売したところ、好評で既存商品に上乗せされました。その成功例を『芋かのか』でも再現したいのです」

 焼酎の種類についても補足しておこう。焼酎には、つくり方によって「甲類」「乙類」「混和」の3種類がある。

 甲類は連続式蒸留焼酎でクセのなさが特徴。乙類は単式蒸留焼酎で香りや風味が特徴。混和は甲類と乙類のブレンドにより、双方の長所を生かしたものだ。何を飲むかは個人の好みだが、「かのか」が属する「混和焼酎」は、マイルドな味わいが持ち味となっている。

アサヒビール、新宿・思い出横丁で行った焼酎の新商品発表に脱帽…高いPR効果を実現のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事