NEW
芸能・エンタメ

批判殺到の『「ブス」テレビ』、Abemaが見解「過度な自主規制することなく番組制作」

文=編集部
【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ドッキリ企画などで、タレントにヌードなどの仕事をオファーして反応を観察するというのは、以前からよくある内容。過去にターゲットとなった熊田曜子が、具体的なギャラの金額を提示されて、どこまでの露出なら許せるかなど真剣に悩んでいる様子が放送され、話題になったこともありました。

 今回のAbema番組を観た感想としては、ネット番組という前提で考えれば、ここまで批判が巻き起こるほど問題があるとは感じませんでしたが、ターゲットとなった女性に、完全にプロのタレントとはいえない素人さんが含まれていたのと、“ブス”というキーワードと絡めてしまったことがマズかったのかもしれません。

 もしこの2つの要素がなく、たとえば放送時間帯が深夜でターゲットがお笑い芸人などであれば、地上波でもアリかなという印象です。ただ、今回のように、“素人”“ブス”を押し出すかたちであれば、地上波のどの局でも企画段階でストップがかかっていたと思います。そのあたりの“線引きの感覚”が、Abemaスタッフにはわからなかったのかものしれませんね」

 また、番組を見た別のテレビ局関係者は語る。

「率直な感想として、結構面白かったですよ。ただ、やはり地上波では無理でしょう。AbemaはBPO(放送倫理・番組向上機構)の審査対象外ですが、もし地上波で放送したら即刻“BPO案件”になるのは間違いないでしょう。ただ、ネット番組でもこのレベルで叩かれてしまうというのは、結構厳しいなあという感じがします。ネットだとかなり自由にできると思っていたのですが、そういうわけでもなくなってきているんですね」

 ちなみに今回の『「ブス」テレビ』放送に対する視聴者の反応について、AbemaTV広報担当に問い合わせたところ、次のような回答が寄せられた。

「この度いただいた視聴者のみなさまからのご意見は、すべてのご意見、ひとつひとつを丁寧に拝見しております。AbemaTVでは、制作者、クリエイターのクリエイティビティや想像力を尊重し、過度な自主規制をすることなく、番組制作をしております。これまでと同様、視聴者の皆様からいただいたご意見を真摯に受け止め、今後の番組制作およびサービスづくりに活かしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします」

 ネットのコンテンツも、地上波と同じレベルの放送基準を求められる時代が、もう目前まで来ているのかもしれない。

(文=編集部)

関連記事