NEW
IT

アップル・iPhoneと機能差なし&大幅に安いグーグル・Pixelのほうが断然トク?

文=A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 続いては、スマホ操作の要でもあるタッチパネルの感度・精度について。

「一昔前だと、Android系スマホのタッチパネルは、反応が遅くダメダメだったなんて声も多かったんです。けれど、ここ最近はそうした欠点も研究が重ねられたおかげで改善されており、現時点ではほぼ差がないと言っていいと思います。こうしたタッチパネルの快適さは、OSとハードの親和性による部分が大きく、iPhoneは当然OSもハードも自社製なのでスムーズでしたが、AndroidはOSとハードのメーカーが異なっているスマホが多く、一歩後れを取っている印象でした。ですが、先述した通りPixelもAndroidもグーグルが開発しており、そういう意味で条件はiPhoneと同じなので、差はないと言っていいですね」(同)

 InstagramやFacebookなどのSNSユーザーにも不可欠な写真機能は、両者に差はあるのだろうか。

「iPhone XRとPixel 3aのどちらの機種も、撮った画像をAIで処理してきれいに見せる補正機能を搭載しているので、美しさの点ではほとんど同じでしょう。ただ、そうした補正機能のなかでも夜のシーンの撮影においては、Pixel 3aは非常に優れている部分があります。暗い場所でもはっきり写るようにAIが高度な画像処理をしてくれるのです」(同)

機能面で遜色なく低価格…コスパ最高のPixel 3aに軍配!

 ここまで、さまざまな切り口で2機種のスペックを比較してきた。石川氏の解説によると細かな差異はあるものの、全体的にみて両モデルに大きな性能差はないように感じる。

 だが、すでに紹介したとおり、64GBモデルのiPhone XRが6万4800円(税別)に対し、同じく64GBのPixel 3aは4万8600円(税込)と、価格差があるのだ。

「iPhoneは下取りサービスも行っているので、以前からiPhoneユーザーだった方には、実質的にもう少し安く購入できる感覚になります。とはいえ、約2万円の価格差を埋めるほどではないでしょう。

 どうしてiPhone XRとさほど性能差がないPixel 3aが、4万8600円(税込)という価格を実現できているかというと、Pixelがスマホ業界において後発ブランドだったため、グーグルがシェア拡大のためにリーズナブルな価格設定にしたという事情があるのだと思います。ですからPixel 3aのコストパフォーマンスはかなり高いと言えますね。

 また、そもそもiPhoneはブランドとして成熟しており、アップルファンからするとニューモデルを所持することがステータスという側面もあるため、強気の価格設定に出ているのでしょう」(同)

“日常使いで満足なライトユーザー”にはiPhone XRとPixel 3aのどちらがオススメかと考えた場合、機能面でiPhone XRにほぼ遜色がないにもかかわらず、価格面で約2万円もリーズナブルなPixel 3aに軍配を上げたい。

(文=A4studio)

関連記事