NEW
中村芳子「お金のことで苦労せず、人生を楽しむためのお金の基本」

30代独身女性、老後の不安から“割高な”新築マンションを買い陥った絶望的悲劇

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

 日本の女性ファイナンシャルプランナー(FP)第1号として20年以上、個人の方々のお金の相談を受けている。お金の悩みが時代によって移り変わるのを、ずっと見てきた。最近の傾向として、お客さんの共通の悩みは「老後の不安」だ。原因は2つ。「人生100年」と「老後に2000万円」。

急に不安にさせられた人たち

 日本でリンダ・グラットン著の『ライフシフト』(東洋経済新報社)という本が発行されたのは2016年、友人に勧められてすぐに読んだ。英語の原書『The Shift』は2011年の出版だ。当時、私はアメリカに住んでおり、年に数回、仕事のために日本に来るというスタイルをとっていた。

 実際にインターネットやEメール、スカイプなどを使って、タイムゾーンの違う人たちと時差を調整しながら仕事をしていたので、「こんな働き方は、数年前までできなかった」「働き方が根本的に変わってきている、すでに変わっている」と実感していた。今までのある種の経験は使い物にならなくなり、新しい知識やスキルを身に付け続けないと、世の中の変化についていけなくなるのは明らかだった。

 実は、人生100年という概念も目新しくはなかった。FPとして以前から「明日死んでも、120歳まで生きても満足できるマネーマネジメントを考えて実行しよう」と推奨してきていた。急に社会が変わったわけではないのに、「人生100年」「老後に2000万円」といった言葉やコンセプトが注目され、人々がショックを受けてオロオロするのがよくわかった。おかげで今、不安になった人たちが世の中にあふれている。あなたもそのひとりですか?

不安から逃れようとすると間違った判断をし、もっと悪くなる

『50代のいま、やっておくべきお金のこと 新版』(中村芳子著/ダイヤモンド社)

 長年FPとしてお金のコンサルティングをしてきたので、不安になった人たちが不安から逃れようとして、間違った選択、間違った行動をし、以前より悪い状況になる事例をたくさん見てきた。たとえば、こんな具合だ。

(1)30代独身がマンションを買う

「結婚しないかもしれない」という不安を持ち始めた独身女性が30代でマンションを買う。年収もまだ低く、貯金も少ない。物件を見る目もない。営業マンの言うことをそのまま信じてしまう。その結果、狭くて立地も良くない割高の新築マンションを、無理な資金計画で買ってしまう。たとえば、1500万円の価値しかない狭いマンションを2000万円で買わされる。

30代独身女性、老後の不安から“割高な”新築マンションを買い陥った絶望的悲劇のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事