NEW

でんぱ組.inc古川未鈴結婚のワケ…女性アイドルメジャー化と市場規模拡大が生んだ必然

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mirin_hurukawa
2014年9月28日に東京体育館にて開催された「もしもしにっぽんFESTIVAL 2014」にてステージに立つ古川未鈴。(写真:アフロ)

 6人組アイドルユニット・でんぱ組.inc(でんぱぐみ・インク)の古川未鈴(ふるかわ・みりん/年齢非公表)の結婚が話題となっている。お相手は、マンガ家の麻生周一(33歳)。「週刊少年ジャンプ」(集英社)誌上にて2012年より約6年もの間連載されたギャグマンガ『斉木楠雄のΨ難(さいなん)』などの作品のある人気マンガ家だ。

 古川は、9月18日にZepp DiverCity(東京都江東区)で開催されたでんぱ組.incのライブ公演「UHHA! YAAA!! TOUR!!! 2019 SPECIAL~If you want to be happy,be.~」のアンコールMCにおいて、この件を突然発表。その後、公式サイトに麻生との連名でも結婚報告コメントを掲載し、ファンのみならず、でんぱ組.inc元メンバーの夢眠ねむ、最上もが、そして同プロデューサーの福嶋麻衣子ら多くの関係者がSNS上で祝福の言葉を投げたのである。

ジャニーズタレントだって結婚している

 今回の古川の結婚発表、そしてそのことがファンにもポジティブに受け入れられたことに対し、「女性アイドルだって結婚していいはず」「本来は“恋愛NG”なイメージの強い女性アイドルの結婚が祝福されるほど、若者の意識は変化しているのだ」などといった分析を加える向きも多い。

 また、古川が今後もでんぱ組.incの活動を続行することを表明したことを受け、活動歴の長いアイドルが増えたことによる女性アイドルの高齢化、あるいは結婚後もキャリアを積んでいく女性の一般化等も背景にあるのではないか等々の議論もある。実際、今年2月に結婚を発表した3人組アイドルNegicco(ねぎっこ)のNao☆(30歳)も、同じく結婚後のアイドル活動続行を表明している。

 しかし、「そういった社会背景の影響もないではないでしょうが、今回の古川未鈴さんの結婚がポジティブに受容されたことに関して言えば、単純に女性アイドル市場の規模が拡大した結果ではないかと思います」と少々ドライな分析を加えるのは、アイドル評論家でライターの岡島紳士氏だ。

「活動歴が長く、1万人規模のライブ公演を何度も成功させているでんぱ組.incは、アイドル業界にあってはすでに十分メジャーな存在です。テレビやラジオその他のマスメディアへの露出も多く、当然ながらそのファンも、女性アイドルを恋愛対象と見るようなコアなアイドルファンというよりは、より普通の感覚を持った一般層に近いでしょうし、女性ファンも多いでしょう。

 それだけの規模のファン数、そして層の厚さを持っているでんぱ組.incであればこそ、メンバーの結婚もポジティブに許容された、と見るべきではないでしょうか」

 確かにでんぱ組.incは、海外公演やフェスへの出演も多く、これまでに3度の日本武道館公演を成功させている。しかし、やはり「女性アイドルの結婚、そしてそのまま活動続行」というのは画期的な出来事ではないだろうか? 岡島氏は続ける。

「NegiccoのNao☆さんの例も含め、確かに女性アイドルではまだまだそうかもしれません。ただ、男性アイドルに目を向ければ、もはやまったく珍しくないこと。特に男性アイドルグループを多く抱えるジャニーズ事務所は、2000年に結婚した当時SMAPの木村拓哉さんをはじめ、メンバー6人中4人が既婚者のV6など、既婚でありながらアイドル活動も続けているメンバーも多いですよね。

 もちろんタレント個々の事情や所属事務所の考えもあるでしょうが、ある程度の活動歴があってメンバーの年齢が上がり、一方でファンの規模拡大と一般メディアへの露出が一定以上になれば、近年の芸能界では男性アイドルでも普通に結婚が許容されており、その波が女性アイドルにも波及してきただけ――と見るほうが正しいように思います」

でんぱ組.inc古川未鈴結婚のワケ…女性アイドルメジャー化と市場規模拡大が生んだ必然のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事