NEW

JRAレジェンド・武豊、衰えが鮮明に…スプリンターズS、千載一遇のG1勝利チャンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAレジェンド・武豊、衰えが鮮明に…スプリンターズS、千載一遇のG1勝利チャンスの画像1
武豊にチャンスはあるのか?

 野球でいえばイチロー、サッカーであればカズこと三浦知良など、スポーツ界に存在するレジェンド的な存在。競馬界においては、武豊が群を抜いていると言ってもいいだろう。前人未到の日本中央競馬会(JRA)4000勝を記録し、国内外で数多くのG1レースに勝利。ディープインパクトやキタサンブラックとコンビを組み、そしてオグリキャップのラストランなど輝かしい伝説を持つ、まさに日本を代表するレジェンドジョッキーだ。

 しかし、イチローにも引退があるように武豊も衰えは隠せない。今年久々の年間100勝が目前に迫っているが、やはりビッグレースでの存在が希薄なのだ。今年は5つの重賞レースを勝利しているが、そのうち4つはダートのレースだ。近年はクリストフ・ルメールやミルコ・デムーロといったJRA所属の外国人ジョッキーの活躍や、短期免許で来日する外国人の勢いに押され、G1レースで有力馬の騎乗が回ってこない状況にある。この秋も短期免許で世界のトップジョッキーが多数来日することもあり、ますますその立場は隅に追いやられていくかもしれない。

 そんななか、今週末行われるスプリンターズステークスは武豊にとって久々のチャンス。今年はかなりの好メンバーが揃ったが、そのなかで武豊が騎乗するファンタジストにもチャンスがあるからだ。同馬は前哨戦のセントウルステークスで好走し2着に入った。セントウルステークスやスプリンターズステークスのような「1200m」はファンタジストにとってベストな条件であり、斤量が軽い3歳ということもあって、さらに追い風が吹いている。また、人気の高松宮記念馬・ミスターメロディはセントウルステークスでそのファンタジストに破れており、タワーオブロンドンやダノンスマッシュはG1レースにおいては、なぜか凡走しているというデータもある。

 ファンタジストがこのレースで勝てれば、武豊の評価は一気に上がり、今後、有力馬への騎乗も一気に増えるかもしれない。まさに武豊にとっても重要な一戦といえるだろう。しかし、ファンタジスト以外にも、このレースを狙う馬は多岐にわたる。なんといっても、3頭のG1レース優勝馬が出走する注目の一戦。桜花賞馬のレッツゴードンキ、春の短距離王ミスターメロディとセイウンコウセイ。さらに3歳馬のディアンドルやイベリスなど、まさに豪華メンバーが揃った。このメンバーのなかで、武豊がどんな騎乗を見せるか、その手綱捌きに注目したい

 そしてもうひとつの注目は、馬券だ。このレースは昨年も10番人気以下の馬が2頭も馬券に絡み、20万馬券という高額万馬券が飛び出している。さらには、最低人気馬の激走で3連単263万馬券という超高額馬券が飛び出したこともある。過去10年で10万馬券が6度、10番人気以下で3着以内に入った馬も6頭あり、まさに難解なのである。逆に言えば、一獲千金を狙えるわけで、是が非でも的中させたいレースである。

JRAレジェンド・武豊、衰えが鮮明に…スプリンターズS、千載一遇のG1勝利チャンスの画像2
競馬を知り尽くすプロフェッショナル集団

 そこで参考にしたいのが、競馬界で創業38年の歴史を持つ老舗の競馬情報会社「ホースメン会議」が提供する、スプリンターズステークスの「無料情報」だ。ホースメン会議は、日本競馬を代表する競馬評論家や競馬予想家、そして元JRA騎手など、本物の競馬関係者が集結したプロフェッショナル集団。その彼らが、

「スプリンターズステークスの的中を確信、しかもそれを無料公開する」

という衝撃的な情報が飛び込んできたのだ。その真意を問うべく、ホースメン会議に話を聞いた。

「今年のスプリンターズステークスは、例年にも増して関心が集まっています。桜花賞馬1頭、短距離王2頭、計3頭のG1ホースが出走。さらにダノンスマッシュとタワーオブロンドン、勢いに乗る3歳馬も出走しますので、馬券的にも注目の一戦となります。このレースは毎年高額馬券が飛び出すことでも知られておりますが、今年も『高配当必至』と言っていいでしょう。それだけの情報が既に届いています。

 まず、人気馬の不安情報。さすがに具体名を出せませんが、ある実績馬に対して非常にネガティブなニュースが入っています。これはマスコミには流れておりません。内々の内部情報です。人気を左右させるのはマスコミの予想ですが、そのマスコミが把握できていない凡走必至の人気馬がいることは、馬券とオッズにおいて非常に大きなポイントになります。

 我々には、元JRA騎手の東信二といった、実際に競馬サークルで働いていたスタッフが多数所属しています。彼らを通じて入手された情報も非常に優れており、夏の29万馬券的中などに結びつきました。このスプリンターズステークスでも、驚きの人気薄馬による激走情報が含まれております。昨年の激走馬とまったく同じような状況であり、今年も、この人気薄馬が活躍することはほぼ間違いないでしょう。そういった情報を精査し、さらに当日の馬場状態、展開、騎手の状態、枠順などさまざまな要素を徹底的に検討した結論、それがこのスプリンターズステークスの答えです。

 我々はすでに的中を確信していますが、それは高配当という結論にもなっています。まさに秋のG1シーズン開幕を告げるに相応しい大勝負となるでしょう」

 これがホースメン会議のスプリンターズステークスに向けての自信だ。彼らは、その類まれなる情報力と分析力から数々のレースを的中させてきた。たとえば、今夏で仕留めた3連単29万という超高額馬万馬券、さらには昨年の秋のG1シリーズにおいても、3連単10万円馬券が飛び出した菊花賞を的中させたほか、なんと勝負レースで84.6%という驚異的な的中率を記録している。まさに“買えば当たる、買えば儲かる”状態だ。これぞホースメン会議の実力と言っていいだろう。

JRAレジェンド・武豊、衰えが鮮明に…スプリンターズS、千載一遇のG1勝利チャンスの画像3
菊花賞は7番人気馬を本命に10万馬券的中!

 今回、ホースメン会議は競馬界をさらに盛り上げるため、そして競馬ファンに感謝の気持ちを届けるため、このスプリンターズステークスで入手した情報を一般に向けて「無料公開」するという。競馬は未体験、馬券はよくわからないという方でも、このチャンスをぜひ活用してほしい。馬券は20歳以上であれば100円から気軽に購入できるし、競馬場や場外馬券売り場に行かなくても、クレジットカードやネットバンキングで簡単に利用できるのだ。もちろん、競馬場に行けば、松坂桃李、高畑充希、柳楽優弥、土屋太鳳といったタレントを生で見られるチャンスもある。それもJRAの魅力だ。

 今週末のスプリンターズステークスは、数十万円という高額万馬券を的中させてきたホースメン会議が「期待できる」と断言する勝負の一戦。ぜひホースメン会議の「無料情報」を活用しよう。そして、これから始まる秋華賞~菊花賞~天皇賞~ジャパンカップ~有馬記念に向け、大きな武器となるホースメン会議の実力を、ぜひその目で確かめよう。

(文=編集部)

CLICK → 【無料公開!スプリンターズS最終買い目】ホースメン会議

※本稿はPR記事です。

JRAレジェンド・武豊、衰えが鮮明に…スプリンターズS、千載一遇のG1勝利チャンスのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事