NEW

「日本とモンゴルは親戚同様」…世界一のカシミヤ大国に導いた、日本の経済協力

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の災害支援で、異例の行動を取った支援国がある。モンゴル政府が緊急支援物資としてカシミヤ製の毛布2000組と手袋500枚をモンゴル航空で届けたのだが、機体から物資を降ろして、そのまま離陸した。着陸から離陸まではわずか90分――。

 空港には、支援物資を搬送し終えた各国の飛行機が待機していた。県知事から直接お礼の言葉を受け取らないと帰国できないのが、外交上の慣わしだったのだ。ところが、駐モンゴル日本大使館参事官・城所卓雄氏が、モンゴル外務省に空港の状況を伝えたところ、機内にモンゴル副首相やアジア局長が同乗していたにもかかわらず、モンゴル航空機はお礼を受けずに飛び立った。

「そこまで我々の気持ちをわかってくれていた。東日本大震災のときも義捐金100万ドルと緊急支援物資、さらにモンゴルとして海外に派遣する緊急援助隊の第一号を派遣してくれた」(城所氏)

 城所氏は2009~11年に駐モンゴル特命全権大使を務め、退官後はモンゴル国立大学学長顧問、モンゴル文化教養大学客員教授、名古屋大学特任教授、東京大学非常勤講師などを歴任。18年1月には代表幹事として民間交流団体「日本モンゴル懇話会」の発足にかかわった。

 これまでに日本モンゴル懇話会は、経済ミッション団を数回モンゴルに派遣してきたが、カシミヤ製品の輸入プロジェクトとして、さる9月5日、東京・渋谷の駐日モンゴル大使館で説明会を開いた。モンゴルの総合商社「HOKUTO SHICHUSEI」(ウランバートル市)代表のエンフジャルガル・エンフーシ氏のほか、大使館関係者やアパレル業界関係者など約50名が出席した。

 説明会の席で、駐日モンゴル大使館のスフバータル・ボロルチメグ公使参事官(写真)は、流暢な日本語でモンゴルが親日国であると説明した。

駐日モンゴル大使館のスフバータル・ボロルチメグ公使参事官

「モンゴルと日本が、人々が寄り添って兄弟同様、親戚同様の関係が築かれていることに感謝している。モンゴル国内の世論調査結果でも、もっとも信頼感と親しみを持つ国のトップは長年日本である。モンゴルは中国とロシアの間にあり、両国と戦略的パートナーシップを結んでいるが、国境が接していない“第三の隣国”として真っ先に戦略的パートナーシップを結んでくれたのが日本だ。今年はモンゴルとの日本の文化交流取極が締結されて45周年目に当たる。ぜひモンゴルのカシミヤ製品を通して、日本との友情が深まることを期待したい」

「日本とモンゴルは親戚同様」…世界一のカシミヤ大国に導いた、日本の経済協力のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事