NEW

画期的に使いやすいChrome OS、急速に拡大…Windowsのデメリット解消

文・取材=後藤拓也/A4studio
【この記事のキーワード】, ,

 3つめとして、PC本体の処理能力の高さがそこまで求められないというのもメリットです。普通、複雑な操作をPCで行おうとすると、CPUが高速でなければならなかったり、メモリの容量が大きくなければならなかったりします。ですが、Chrome OSを搭載したPCの場合、文章作成にしても表計算にしても、PC上ではウェブブラウザだけを動かすことになるので、ウェブブラウザが問題なく動く環境さえ整っていれば、十分に利用することができます。

 つまり一般的なPCでは、購入してから2~3年たつと、ハードウェアのスペックがもの足りなくなってしまいがちですが、Chromebookでは、そういったことが起こりにくいのです。現に私も、5年程前に発売されたマシンを今でも活用しています」(同)

 佐藤氏によれば、今では日本の教育現場でも使われ始めているというChrome OS。これから先、さらに利用者を増やして、Windowsを脅かすような存在になれるのだろうか。

「Chrome OSは、その長所や利点が、使ってみればよくわかるソフトウェアです。私自身、取材のメモ書きやちょっとした原稿執筆といった作業はChromebookで済ましていますし、おそらく、多くの方が想像している以上に使えるOSなんですね。

 現状ではまだまだ低いシェアしかありませんが、先述の通り、教育現場ではChromebookが非常に高く評価されていて、導入するところも増えています。高校生や大学生の段階でChromebookに触れて、その良さを理解した人が社会に出るようになれば、当然、Chrome OSを取り入れる企業も増えていくでしょう。そうすれば、一般ユーザーにもどんどんと広まっていくことが予想できるので、将来性はあると思います。もちろん、Windowsに匹敵するようなシェアを取れるかはわかりませんが、かなりの位置を占めるOSに成長していくのではないでしょうか」(同)

 Chrome OSは、多くの長所を持つ優れたソフトウェアなのは間違いないようだ。

(文・取材=後藤拓也/A4studio)

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合