NEW
榊淳司「不動産を疑え!」

山手線内のマンション名に「使われない」駅名ワースト10…納得の駅&意外な駅が混在

文=榊淳司/榊マンション市場研究所主宰、住宅ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

 この選択は恣意的だが、「一般にはよく知られているのにマンションデベロッパーに嫌われている」駅を炙り出すには、こういう選択法が有効だと考えた。そして、選んだ15駅について、中古マンションのデータ蓄積では定評のある「マンションレビュー」というサイトで、その駅名を名称に使った物件がいくつあるのか検索にかけてみた。その結果が以下の通りである。

 まずワースト6位から10位までを示してみたい。

【6位】湯島(千代田線)/39物件

【6位】大門(浅草線)/39物件

【8位】御徒町(山手線)/83物件

【9位】新橋(山手線)/86物件

【10位】西日暮里(山手線)/92物件

 マンションレビューには過去に分譲されたほとんどの分譲マンションが登録されている。だから、この物件数は概ね正確だと考えていい。

 このなかで乗降客数の最も多いのは「新橋」だ。イメージはサラリーマン(オジサン)の街。周辺エリアに分譲マンションはあまり多くはないが、徒歩10分以内に86物件というのは少なすぎだろう。ちょっと内側に入った物件は「虎ノ門」になったりするのかもしれない。

「大門」はJR山手線の「浜松町」駅に近いのが災いしたのか、わずかに39物件。遊郭イメージの「湯島」と同数になってしまった。「西日暮里」と「御徒町」も街のイメージが避けられたのだろう。

 次にいよいよワースト1位から5位を発表しよう。

【1位】新大久保(山手線)/10物件

【2位】新大塚(丸ノ内線)/26物件

【3位】江戸川橋(有楽町線)/27物件

【4位】信濃町(中央線)/28物件

【5位】鶯谷(山手線)/33物件

 5位のJR山手線「鶯谷」はもっと上位に来るかと思ったが意外だった。ある程度予想はできたが、ここまでとは思わなかったのがJR中央線の「信濃町」だ。宗教団体の建物群があることで有名だが、マンションデベロッパーにとってはマイナスイメージなのかもしれない。有楽町線の「江戸川橋」も嫌われたものだ。周辺の分譲マンションには「文京〇〇」と、文京区内であることを強調しているケースが多い。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事