NEW

スピーチトレーナーが教える、話しているときの「えーっと」をなくすコツ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

※画像:『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』(フォレスト出版刊)

 スピーチやプレゼン、人前で話す際に「えー」「えーっと」「まあ」といった言葉を多用してしまうことはないだろうか。

 話の中に「えー」「あー」が多いと、聞き手の集中力を削いでしまったり、内容が入りにくくなったりする。なるべく「えー」「あー」をなくしたい。そのためにはどうすればいいのか。

 スピーチトレーナーの高津和彦さんは、著書『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』(フォレスト出版刊)の中で、「えー」「あー」をなくしてスムーズに話すための方法を伝授している。

 では、そのコツとは一体どのようなものなのか? その一部をピックアップしよう。

■アナウンサーのトレーニングで最初にするのは…

 「えー」「あー」という言葉は、学術論文では「フィラー」(filler)と呼ばれている。これは「fill」(詰める)と「er」(するもの)を意味し、「詰め物」「つなぎ」といった意味を持つ英単語で、「合間に挟み込む言葉」を幅広く指す。

 この「フィラー」をほぼ入れないで話している人がアナウンサーだ。

 なぜ、アナウンサーはしっかり話せるのだろうか。

 それは物事を端的に「はっきり表現」しているからだと著者は述べる。著者自身、アナウンススクールに通い、番組でニュースを読んでいたといい、アナウンサーと同じトレーニングをやればフィラーはなくなると指摘する。

 では、どんなトレーニングをするのか?

 まずは「発声」だ。声を自由自在に出す訓練である。発声は話すことの基本であり、人に伝える上での土台となる。確かに発声がしっかりできている人からは自信を感じるし、言葉が素直に伝わってくるのではないか。

 続いては「原稿読み」。考えて話すのはまだ先で、機械的に読んでいく。原稿の中に「えー」や「あー」というフィラーはないので、少しずつ「フィラーゼロの体質」ができてくる。

 そして「考えて話す技術」のトレーニングとなる。この段階になると、自分で意図して出さない限りは、フィラーはほとんど出なくなるという。

 アナウンサーと一般の人の違いについて、アナウンサーは言葉を決めてから声に出すが、一般の人は「心」からすぐに「声」に出すと著者は指摘する。フィラーをなくすには「ちゃんとした単語」をまず出そうという思考を働かせること。それは、文字にしたときに意味のある言葉にするということだ。

 たとえば、「えーっと」を「どういうべきかな」と変える。これだけで話し方も変わってくる。

 本書では話し方のコツや上手くスピーチをするためのストーリーの作り方、話す内容が飛んでしまったときの対応術など、フィラーなしでスピーチをするためのイロハを教えてくれる。

 「えー」や「えーっと」はついつい言ってしまう言葉。ただ、このフィラーをなくすだけで、話し方は上手くなるはずだ。そして、周りの反応も変わってくれば、話すことがもっと楽しくなるだろう。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

スピーチトレーナーが教える、話しているときの「えーっと」をなくすコツのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事