NEW

【消費増税】コンビニでテイクアウト(8%)と申告してイートイン(10%)した場合はどうなるの?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 2019年10月1日から消費増税が実施されるが、食料品は軽減税率で8%に据え置かれる。しかし、そこで気になるのがイートイン(店内飲食)のあるお店。たとえば、「ファミリーマート」でテイクアウト(持ち帰り)で買った商品を店内で食べたら消費税はどうなるのだろうか? 今回は誰もが悩む軽減税率のルールを解説する。

そもそも食品は8%のままだって知ってた?

【消費増税】コンビニでテイクアウト(8%)と申告してイートイン(10%)した場合はどうなるの?の画像1
(Image:robbin lee / Shutterstock.com)

 いよいよ2019年10月1日からスタートする消費増税。一般的な商品やサービスは10%に引き上げられるが、購入して持ち帰る食品に関しては、軽減税率が適用されて8%のままである。生活に直結する食品の消費税が8%のまま据え置かれるのはうれしいが、同じものを買ってもテイクアウト(持ち帰り)は8%なのに、イートイン(店内飲食)は10%になるのは納得できないという人もいるかもしれない。

 そこで疑問なのが、マクドナルドなどのファストフードやファミリーマートなど、イートインが可能なコンビニである。もし、テイクアウトで買ったものをイートインコーナーで食べた場合はどうなるのだろうか? あとから2%分を追加で支払う必要があるのだろうか? 

続きは【オトナライフ】で読む

【消費増税】コンビニでテイクアウト(8%)と申告してイートイン(10%)した場合はどうなるの?のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事