NEW

年金の手取りが減ってしまう!「扶養親族等申告書」は必ず提出しよう!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 年金生活を送っている親の元に、毎年9月~10月に送られてくる「扶養親族等申告書」。もしかすると「手続きが面倒……」と放置しているのではないだろうか? しかし、「扶養親族等申告書」を提出しないと、年金の手取り額が減ってしまうのだ。もし、年金生活をしている親が放置しているようなら、今すぐ提出するようにアドバイスしよう!

「扶養親族等申告書」を出すだけで税率が5%も減る!

年金の手取りが減ってしまう!「扶養親族等申告書」は必ず提出しよう!の画像1

 毎年9月~10月ごろ、年金受給者で所得税の課税対象となる人には「扶養親族等申告書」が送られてくるが、これはいったい何なのかご存じだろうか? 「扶養親族等申告書」とは、“配偶者や扶養親族の有無や所得に関する情報を記入する”書類のこと。実は、年金が支給されるときは源泉徴収され10.21%の税金が引かれているが、「扶養親族等申告書」を提出すれば税率は5.105%に下げられる。さらに、基礎控除や配偶者控除なども受けられると税率はもっと下げられるのだ。したがって「扶養親族等申告書」が送付された場合は、すみやかに記入して日本年金機構に送ったほうがよい。もし、年金生活をしている親がいる人は、「扶養親族等申告書」が届いていないか確認してみよう。

 ちなみに、「扶養親族等申告書」は支払年金額が一定額(65歳未満は108万円、65歳以上は158万円)未満の場合は、そもそも所得税を払う必要がないので、送られてこないぞ。

続きは【オトナライフ】で読む

年金の手取りが減ってしまう!「扶養親族等申告書」は必ず提出しよう!のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事