NEW

苦手な人とも会話が弾む さりげない「ホメ言葉」のバリエーション

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

※画像:『できる大人の人間関係 1秒でくすぐる会話』(青春出版社刊)

 初対面の相手、苦手な上司、手柄話や苦労自慢が多い人……。どんな人とも如才なくコミュニケーションを取るのが社会人のたしなみとはいえ、苦手意識を持った人との会話は弾まないもの。

 しかし、そういった相手といい関係を築くことでプラスになることも多い。苦手意識を克服できるなら、しておいた方が自分のためである。

■ホメるバリエーションが会話のキモ

 『できる大人の人間関係 1秒でくすぐる会話』(話題の達人倶楽部編集、青春出版社刊)は、相手をその気にさせるフレーズをはじめ、喜ばせるのに必要な心理テクニック、経験的なハウツーなど、大人なら知っておきたい会話の知識と技術を紹介する。

 初対面の相手でも、すぐに打ち解け、雑談を弾ませ、人間関係を好転させるなど、時と場合と相手に合わせて良い関係を築く会話力を本書では「相手をくすぐる会話力」と呼んでいる。この会話力を身につけるのに必要とされるのは「バラエティに富んだほめ言葉のストック」と、「その語彙力を自在に生かす会話術」の2つだ。

 たとえば自慢話が多い人が、どんな人でも周りに一人はいるはずだ。一見面倒に思えるこのタイプには、どのような褒め言葉を使えばいいのか。いくつか挙げていきたい。

「なかなかできないことですよ」

 自慢話をする相手は考えようによっては、話しやすい相手ともいえる。聞く方はあいづちを打っているだけで、相手がどんどん話してくれるからだ。たわいのない自慢話に対しては「いやいや、なかなかできないことですよ」と応じればいい。

「私などには、とうてい真似できません」

 年配の人の自慢話を聞く場合、「ご立派ですね」とほめると、言い方によっては生意気と受け止められることも。「とても真似ができない」とへりくだれば、効果的に相手の気分を良くすることができる。

 また、苦労話をする人も多い。そんな相手との会話では、以下のような返し方が有効的。

「ほう、それは大変でしたね」

 苦労話に対しては、労をねぎらうあいづちが効果的と本書。気の毒そうな顔で「ほう、それは大変でしたね」と繰り出せば、相手は共感されていると感じ、話を続けやすくなるはずだ。また、「苦労話=自慢」であることが多いので、「すごいですねえ」「なるほど」などのあいづちも有効な場合もある。

 自分が相手を苦手にしていることは相手に伝わっているもの。それが会話が弾まない理由になってしまっていることもある。ならば積極的に相手を楽しませることを目指してみてはどうか。相手が気持ちよく話すことができれば、相手から見たあなたの印象が変わるかもしれないし、あなたにも相手の別の一面が見えるかもしれない。

 相手をくすぐる会話力を身につけて、コミュニケーション力アップにつなげれば、職場や取引先での会話にも困らないはずだ。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

苦手な人とも会話が弾む さりげない「ホメ言葉」のバリエーションのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事