NEW

アラブの石油王が日本競馬界を席巻!JRA秋華賞、賞金1億円の行方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アラブの石油王が日本競馬界を席巻!JRA秋華賞、賞金1億円の行方は?の画像1
昨年はアーモンドアイが勝利した秋華賞

 9月29日に行われた日本中央競馬会(JRA)のG1レース、スプリンターズステークスは、タワーオブロンドンが優勝。鞍上のクリストフ・ルメール、管理する藤沢和雄調教師にはうれしい勝利となった。そして注目は、勝利馬主のゴドルフィン。これはアラブの石油王として知られる、ドバイ首長国連邦の副代表を務めるシェイク・モハメド殿下の競走馬管理団体である。

 今回モハメド殿下のゴドルフィンが獲得したスプリンターズSの優勝賞金は約8800万円(1億1000万円ほか付加賞金の80%)。石油にすれば1日の売上の何十分の1か何百分の1の額かもしれないが、このレースで得た栄誉は日本競馬の歴史に確実に刻まれたといえるだろう。

 そんな石油王が、なぜ日本(JRA)で馬主になっているのか、不思議に思う人も少なくないはず。そもそもモハメド殿下は、学生時にイギリスへ留学して競馬に触れ、その後潤沢なオイルマネーで競馬界に参入。瞬く間に競馬界を席捲し、日本やアメリカ、フランス、イギリスなどで多くのG1レースを勝利してきた。日本競馬への参入は2007年。外国人馬主資格の取得ルールが複雑ですぐに馬主になれなかったが、09年に取得後は着実に所有馬が勝利を挙げ、18年の高松宮記念とスプリンターズSをファインニードルが優勝、そして今年、タワーオブロンドンで同レース連覇を達成した。ここ数年の勝利数は右肩上がりで、日本のトップである社台グループに唯一対抗できる存在にまで登り詰めている。

 そんなスプリンターズSの余韻が残るなか、今週末は3歳牝馬最強を決める「秋華賞」が行われる。モハメド殿下の愛馬は出走しないが、秋華賞史上まれに見る混戦レースとなっており、波乱必至という状況。優勝賞金1億円を誰が手にするのか、気になるところでもある。

 スプリンターズSは人気通りの決着で、配当的に不満の残る結果となってしまったかもしれないが、秋華賞は桜花賞馬とオークス馬が出走せず、出走馬は“どんぐりの背比べ”状態。配当的にかなり楽しめるレースといって間違いなさそうだ。

 そんななか、日本競馬を代表するプロフェッショナル集団が、秋華賞に関してマスコミも知らない内部情報を独占入手したという。しかも、その情報を惜しげもなく一般へ向けて「無料公開」するというのだから聞き捨てならない。そこで、その真相に迫ってみた。

 その“プロフェッショナル集団”とは、10月で創業25年を迎える業界老舗の競馬総合情報社「シンクタンク」だ。この業界は、同業の会社がいくつも乱立しては淘汰されていくが、これだけ長く続けられているのは、古くからの利用者、そして多くの関係者の支持、さらに確固たる的中という実績を積み上げてのものだろう。

 同社に所属する競馬関係者は豪華絢爛だ。名馬・ハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫・元JRA調教師を筆頭に、史上最強との呼び声が高いマルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、伝説の名馬・サクラスターオーを手がけた平井雄二・元JRA調教師、安田富男・元JRA騎手らが在籍。さらに、競馬界のレジェンドたちが情報ルートとして在籍していることも、ファンや関係者から信頼を集める要因となっている。

アラブの石油王が日本競馬界を席巻!JRA秋華賞、賞金1億円の行方は?の画像2
菊花賞を勝利した名馬・サクラスターオーを手がけた平井雄二・元JRA調教師

 長年にわたってあらゆる競馬関係者たちと密接な関係を築き上げることで、業界最高峰といわれる人脈と情報力を確立し、一般ファンが知ることができない、スポーツ紙や専門紙では伝えられない、すなわち表に出回ることがない「本物の関係者情報」を入手することができるのだ。

 その実績を振り返ると、あまりのスゴさに衝撃を覚えるほど。夏の宝塚記念で万馬券を的中させて利用者を歓喜させたほか、昨秋のG1シリーズも秋華賞以降14戦11勝と高い的中率を記録、暮れの有馬記念では本命対抗の大本線決着で3連単2万5340円という万馬券も仕留めており、その実績は申し分ない。そんな彼らが語る秋華賞情報は必見だ。

「去年はアーモンドアイという確固たる主役がいましたが、今年は桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーが不在で、世間的には“混戦”と見る向きが多いでしょう。おそらく、ローズステークスを制した2歳女王ダノンファンタジーが人気の中心になると思いますが、距離が1ハロン延びるのがプラスとはいえない状況。川田将雅が乗るダノンでいいのか、それとも別に狙うべき馬がいるのか。武豊のシェーングランツやルメールのコントラチェック、ミルコ・デムーロのサトノダムゼルは買えるのかと、いろいろと迷われる方が多いレースだと思います。しかし、重賞、メイン特捜部を有するシンクタンクは、その辺りもしっかりとジャッジできるように確かな情報網を持っています。現時点で馬名は挙げられませんが、高配当決着の使者となり得る馬をすでにマークしています。

アラブの石油王が日本競馬界を席巻!JRA秋華賞、賞金1億円の行方は?の画像3
宝塚記念の的中で見せつけた情報力

 こうした馬券の核心となる部分、つまり関係者の本音というのは、関係者にとって公表してもなんのメリットがないため、新聞やネット上で誰でも見られるようなところには出てきません。しかし、我々は一人でも多くの競馬ファンに、『本物の関係者情報』があることで、競馬の奥深さや楽しさをより知っていただきたいと考え、特別に秋華賞情報の無料提供を実施することになりました。ほかでは見られない“本当の情報”がここにあります。ぜひ遠慮なく利用していただき、競馬の真相に触れてください」

 シンクタンクは、秋華賞をはじめ3歳牝馬重賞を非常に得意としているという。実際に秋華賞は過去10年で7勝と結果を出し、さらに今年の優駿牝馬(オークス)では超人気薄馬の激走を見抜いて2万2840円の万馬券を的中。さらに、前哨戦の紫苑ステークスや、チューリップ賞、フローラステークス、アネモネステークスで万馬券を的中させ、フェアリーステークス、クイーンカップ、フラワーカップなどの牝馬重賞もことごとく的中させている。これは彼らが特別な情報を入手でき、しかも最適な分析ができているからにほかならない。

 そんなシンクタンクが提供する「秋華賞無料情報」。どんな情報で、どんな結末となるのか、今から楽しみでならない。なお、シンクタンクは、秋華賞だけでなく来週末の菊花賞や天皇賞(秋)などのビッグレースに向けても万全の態勢で情報収集を行っているという。そして、すでに的中を確信させるだけの情報が飛び込んできているという。その情報も合わせてゲットするためにも、まずはこの秋華賞無料情報をしっかり利用しよう。

(文=編集部)

CLICK → 【秋華賞 特別無料情報 公開!】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

アラブの石油王が日本競馬界を席巻!JRA秋華賞、賞金1億円の行方は?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事