では、この奇妙な現状が打開される可能性はあるのだろうか。

「この業界の人なら誰が見たって、こういう状況をつくったえなりの母が悪いですよ。やっぱり今のえなりがあるのは、、橋田さん、石井さん含めて『渡鬼』という存在に育てられたからこそ。きちんとえなり本人が泉や橋田さんに頭を下げれば、すべて丸く収まる話。今のままでは、業界内でも“えなりは不義理”というイメージが残ったままで、今後の仕事にも支障が出てくるでしょう。このままでは、えなりは業界内で孤立してしまいますよ」(同)

 多くの『渡鬼』ファンが、えなりと泉が共演する日を待ちわびている。

(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合