NEW

陸(おか)マイラーに激震!マイルへ高還元のLINEポイント→メトロルートが終了

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 飛行機に乗らずして多くのマイルを貯め、タダで航空券をゲットしている陸(おか)マイラーの多くは、ポイントが貯まりやすく、ANAマイルへの還元率が高い「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」のLINEポイントルートを利用している。だが、2019年12月27日でこのLINEポイントルートが終了することになったのだ。そこで今回は、陸(おか)マイラーが注目している、ソラチカLINEポイントルートに代わる新ルートを紹介しよう。

どうして陸(おか)マイラーなのか?

陸(おか)マイラーに激震!マイルへ高還元のLINEポイント→メトロルートが終了の画像1
(Image:NextNewMedia / Shutterstock.com)

 飛行機に乗らず、ポイントサイトやクレカ払いで貯めたポイントをマイルに交換し、タダで航空券をゲットする人たちは“陸(おか)マイラー”と呼ばれている。

 それにしても、どうして陸マイラーなのか? たとえば、ANAマイルでハワイに行こうすると、ローシーズンのエコノミー往復で3万5,000マイル必要になる。ところが東京-大阪の国内便に乗っても往復で560マイル(ローシーズン付与率100%の場合)しかもらえない。つまり、61往復もしないとハワイにタダでは行けないのだ。そこで、ポイントサイトのアフィリエイト(成功報酬型広告)や、クレカ払いのポイントなどを貯めて、マイルに交換していく必要が出てくる。その際、陸マイラーの多くが、還元率が高い「ソラチカLINEポイント」ルートを利用していたのである。

81%のソラチカLINEポイントルートが2019年12月末で終了!

陸(おか)マイラーに激震!マイルへ高還元のLINEポイント→メトロルートが終了の画像2
(Image:ana.co.jp)

 陸マイラーの多くは、ANAマイルを効率よく貯められる「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」をメインカードとして利用している。その理由はPASMOのチャージや定期券購入でもポイントが貯まるほか「ポイントタウン」→「LINEポイント」→「東京メトロ(メトロポイント)」→「ANAマイル」の交換レートが81%もの高還元だからだ。しかし、2019年12月27日で、LINEポイントのメトロポイント交換サービスが終了されることになったため、陸マイラーは新たに高還元の交換ルートを探すことになったのである。

続きは【オトナライフ】で読む

陸(おか)マイラーに激震!マイルへ高還元のLINEポイント→メトロルートが終了のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事