NEW

トヨタ豊田社長、異例の自工会会長“ゴリ押し延長”…東京五輪で「世界のアキオ」アピール

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トランプ米大統領が来日 企業経営者らと会合(提供:Shealah Craighead/White House/UPI/アフロ)

「ホンダ出身者では頼りない」――。

 日本の自動車メーカーの団体である日本自動車工業会(自工会)は、豊田章男会長(トヨタ自動車社長)が任期を延長し会長を続投することを決定した。自工会会長ポストは輪番制と決まっており、任期の延長は異例だ。トヨタのテレビCMや新車発表会で“タレント並み”に露出することが大好きな豊田氏。世界的に注目される来年の東京オリンピック・パラリンピックで「世界のアキオ」をアピールしたいとの思惑が透ける。

 自工会の会長ポストはトヨタ、ホンダ、日産自動車の代表権を持つ社長以上が1期2年の輪番制で務めることが内規で決まっている。現在の会長である豊田氏の任期は2020年5月まで。ところが9月26日の自工会の定例記者会見で、豊田会長の任期を2年延長することが理事会で決定したと明かされた。

 豊田氏が内規を曲げても自工会会長ポストにこだわるのは、来年の東京五輪があるためだ。自工会や日系自動車各社は、世界中から多くの人が来日する東京五輪を、完全自動運転車や空飛ぶクルマなど、日本の先進技術をアピールする絶好の機会と捉えている。自社のテレビCMに積極的に出演し、新車発表会では自身は出席しなくてもビデオで何度も登場し、登壇者であるトヨタ幹部らに「マスタードライバー豊田章男」と連呼させる豊田氏としては、トヨタのトップではなく、日本の自動車メーカーの代表者として世界に名を売るチャンスと映る。

 こうした思惑もあってトヨタは、東京五輪が開催される20年に自工会の会長ポストを確保したいとの意向があり、次期会長を出すホンダと水面下で交渉してきたようだ。トヨタは約2000億円ともいわれる契約料を拠出してIOC(国際五輪委員会)と最高位のスポンサー契約であるTOP(ザ・オリンピック・パートナー)を締結するなど、五輪に熱心な企業として有名。これに対してホンダはスポーツ関連の取り組みで有名なものはない。このため、トヨタ社内では、東京五輪開催時に「ビッグイベントをホンダの自工会会長で乗り切ることができるのか」との疑念が渦巻いていた。

 予兆はあった。ホンダは今年4月の役員人事で、神子柴寿昭氏が会長に就任した。20年5月にまわってくる自工会会長ポストに就任することを見越しての人事と見られていたが、神子柴氏が代表権を持たない会長だったことを不思議がる声が上がっていた。自工会会長は自動車メーカーの代表権を持っていることが決まっているからだ。つまりトヨタは、今年の初めには豊田氏の自工会会長の続投に向けて動いていたと見られる。

トヨタ豊田社長、異例の自工会会長“ゴリ押し延長”…東京五輪で「世界のアキオ」アピールのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事