NEW
安蔵靖志「家電を極める!」

部屋のニオイを消す除菌脱臭機が大ヒット、話題の5商品を徹底比較!“買い”はどれ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 部屋のニオイが気になる……そう感じることはないだろうか? 筆者はとある企画で若い人のお悩みに触れる機会が多いのだが、「立ち仕事なので疲れやすい」「寝起きが悪いので気持ちよく目覚めたい」といった日々の生活にまつわるお悩みに加えて、「部屋のニオイが気になる」というのがちょくちょく見受けられるのだ。

 PM2.5や花粉などの問題から、衣類を外で干すのではなく部屋干しする人が増えていることもあり、脱臭したり、ニオイの原因となる雑菌を除菌したいというニーズが高まっているのだろう。ペットを飼っているとその糞尿のニオイはどうしても気になるし、在宅介護をしているお宅では排泄物臭が気になるという場合もあると思う。

 こうした背景から最近注目度が高まっているのが、「除菌脱臭機」だ。

 空気清浄機に脱臭機能を備えるモデルも決して少なくない。活性炭フィルターでニオイを取り除くものもあれば、シャープの「プラズマクラスター」やパナソニックの「ナノイー」などのイオン放出機能によって除菌・脱臭を行うモデルもある。

 しかし空気清浄機では「8大生活臭」と呼ばれる汗臭、加齢臭、30〜40代特有の体臭、部屋干し衣類の生乾き臭、料理臭、タバコ臭、ペット臭、排泄物臭をしっかりと取りきることができない。そこで注目されてきたのが、空気清浄機の付属機能ではなく、専用の除菌脱臭機というわけだ。

「脱臭」といっても活性炭、オゾン、次亜塩素酸などさまざま

 一口に「除菌・脱臭」といっても、その方法はさまざまだ。殺菌効果の高いオゾンや次亜塩素酸を用いて細菌やウイルスを分解するもの、光触媒や酸化触媒などの触媒を用いて分解するもの、活性炭などのフィルターに吸着させるものがある。

 最近登場してヒットとなったのが、パナソニックの「ジアイーノ」シリーズだ。これは水と塩タブレットを電気分解することで発生する「次亜塩素酸」によって室内の空気の除菌・脱臭を行うというもの。次亜塩素酸は水の殺菌などに用いられているもので、空間内にあるニオイ成分などを分解する際に反応臭としてかすかに塩素のニオイがするのが特徴となっている。

パナソニックの「ジアイーノ F-MC1000V」(実勢価格5万円前後)

 富士通ゼネラルの「PLAZION(プラズィオン)」シリーズは、フィルターに吸着したニオイ成分を酸化触媒によって分解するだけでなく、内蔵のオゾンユニットも加えることでさらに除菌・脱臭効果を高めている。フィルターを利用した空気清浄機能を備えるモデルもあるので、どちらも欲しいという人にはピッタリのモデルかもしれない。

集じん機能も搭載する富士通ゼネラル「PLAZION HDS-302G」(実勢価格1万9000円前後)

部屋のニオイを消す除菌脱臭機が大ヒット、話題の5商品を徹底比較!“買い”はどれ?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事