NEW

JRA秋華賞、傑出馬不在で一攫千金の大チャンス!武豊かルメールか?有力馬に不安情報も

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA秋華賞、傑出馬不在で一攫千金の大チャンス!武豊かルメールか?有力馬に不安情報もの画像1
逆転の発想で勝利を掴め!

 先日、国税庁から2018年度サラリーマンの平均年収が発表された。金額は約441万円とのことだが、これはあくまでも平均なので、もっと高収入の勝ち組もいれば、逆に低収入の労働者も多くいる。この格差は資本主義経済では避けられないものだが、やはり勝ち組と負け組の差を埋めることは簡単ではない。

 それはプロスポーツの世界も同様。先日、プロ野球で第1次戦力外通告が発表され、12球団から40名以上もの戦力外、つまりクビが発表された。クライマックスシリーズや日本シリーズといった華やかな舞台の裏にある悲しき現実、本人たちにはそれなりのチャンスがあったわけだが、そこから這い上がれなかったのもまた現実。これもスポーツの厳しさを象徴しているといえるだろう。

 社会でも格差があり、スポーツ界でも格差がある。だからといって人生に悲観する必要はない。誰もが対等に勝負できるものがあるからだ。たとえば、競馬の馬券はその代表格だろう。金持ちが買っても貧乏人が買っても、同じ組み合わせを買えば、的中も不的中も結果はまったく同じなのだ。

 今回紹介したいのは、そんな馬券を使った錬金術である。一般会社員の収入の倍以上を稼ぐことができるほどの破壊力を持った馬券術だ。数多くの勝ち組を生み出している馬券術とは、自らの予想でもマスコミの予想でもない。彼らが信頼するのは、競馬界最強のプロフェッショナル集団として知られる「シンクタンク」だ。

 今年で創業25年の歴史と実績を持つシンクタンクは、重鎮として競馬界の発展と人材の育成に貢献してきた、元JRAの調教師や騎手が多数在籍している。彼らは騎手や調教師としてハイセイコーやオグリキャップ、マルゼンスキー、サクラスターオー、グリーングラスといった名馬に関わっており、まさに超一流の競馬関係者たちだ。彼らが持つ現役競馬関係者とのコネクション、そして馬や騎手、レースを見る目は、一般人はもちろん、競走馬の世話をしたことがないマスコミ記者とは雲泥の差である。そのシンクタンクが提供する競馬情報は、まさに至高の一手。それを参考に馬券を買えば、高確率で的中を手にできることは当然といえる。

 競馬界はここ数年、右肩上がりの成長を続けており、馬券を購入しているファンは、その数800万人とも1000万人ともいわれている。競馬の良さは、予想という推理ができること、馬券を通じて興奮と感動を味わえること、そしてその馬券が的中すれば数万円や数十万円、あるいは数千万円、数億円といった大金を手にすることも可能なところにある。

 サッカーにも「toto」というクジがあるが、複数試合の勝敗を予想し、1試合でも外れれば1等の当選はなしという、いささか寂しいもの。競馬はひとつひとつのレースで勝敗が決まり、例えメインレースで外しても最終レースで取り返すといった勝負ができる。日本中央競馬会(JRA)であれば、1日で最大36レースもの馬券を購入でき、朝から夕方まで目一杯楽しめるのである。そして自分が応援する馬がゴールを1着で駆け抜け、馬券も的中となれば、その興奮や感動はまさに至高の一瞬なのである。そんな競馬を始めるなら、今週末の第24回秋華賞が最適なのは間違いないだろう。

JRA秋華賞、傑出馬不在で一攫千金の大チャンス!武豊かルメールか?有力馬に不安情報もの画像2

 秋華賞は3歳牝馬限定のG1レース。今年で24回目と歴史は浅いが、昨年のアーモンドアイを筆頭に、ジェンティルドンナやアパパネといった名馬が勝利している。また、過去には1000万馬券が飛び出したこともあり、高配当が期待できるレースでもある。今年は昨年の2歳女王・ダノンファンタジーにマスコミの関心が集まっているが、果たして人気通りの決着となるのだろうか。もしくは、まったく別の結末となるのだろうか。ここはシンクタンクに、その展望を聞くのがベストの選択だろう。

「今年の秋華賞は、過去と比較にならない異様な雰囲気となっています。それは桜花賞馬・グランアレグリアとオークス馬・ラヴズオンリーユーが不在ということと、人気のダノンファンタジーに少なからず不安要素があるからです。そしてここでは格下と見られているかもしれませんが、陣営が“勝利を狙える”と密かに自信を持つ、ある穴馬の存在も見逃せません。

 我々シンクタンクには、皐月賞を勝利したサクラスターオーの平井雄二元調教師が在籍していますが、その平井も皐月賞前に『新聞社の記者連中には言わなかったが、ほかの馬の強気な記事を見て、ウチの馬のほうが何倍もいい、誰が乗っても勝てるんじゃないかと思っていた』と話していますが、まさに同様のケースといえるでしょう。ほかの馬にマスコミの関心が集まる時は、ノーマークの馬が逆転勝利して高配当が出る典型的なパターン。この秋華賞はその状況にあり、非常に楽しみな一戦です。もちろんこの場合では、マスコミはこの穴馬の本音の部分はまず把握していません。我々だけが独占入手といっても過言ではないでしょう。

 なお、秋競馬をさらに盛り上げるため、そして競馬ファンに本当の情報を知ってもらうため、この秋華賞情報を無料で公開します。さらに、秋華賞だけでなく、競馬ファンに役立つさまざまなコンテンツも無料で提供します。これを機に、ぜひシンクタンクだけが知る本物の情報を手に入れてください」

 この話を聞くだけでも、彼らが秋華賞でどんな情報を入手したのか非常に興味深い。その穴馬は、武豊が騎乗するシェーングランツなのか、それともルメールが騎乗するコントラチェックなのか。紫苑ステークスを勝ったパッシングスルーや、上がり馬・エスポワールやサトノダムゼルか。もしくは、桜花賞やオークスで好走したクロノジェネシスやシゲルピンクダイヤなのだろうか。出走メンバーを見れば見るほど、その真相を知りたくなるのは当然だろう。

JRA秋華賞、傑出馬不在で一攫千金の大チャンス!武豊かルメールか?有力馬に不安情報もの画像3
彼らが入手した穴馬とは?

 もちろん、それは彼らが提供する「秋華賞無料情報」を利用すれば解決する。シンクタンクは過去10年で7度も秋華賞を的中させ、さらには前哨戦である紫苑ステークスでも万馬券を的中させるなど、このレースの相性や実績は突出している。また、昨年秋のG1レースでも80%近い的中率を記録し、有馬記念でも253倍の万馬券を的中。100円の購入で2万5000円、1000円なら25万円、1万円なら250万円、2万円なら500万円の払い戻しを手にできたという、まさに最強のプロフェッショナル集団だ。

 来週末の菊花賞も秋華賞同様に、春の2冠を勝利した馬(サートゥルナーリアとロジャーバローズ)がともに出走せず、こちらも波乱含みの一戦。シンクタンクは昨年の菊花賞でも万馬券を的中させており、秋華賞と合わせて大いに期待できるだろう。そして再来週末の天皇賞(秋)は、アーモンドアイを筆頭に史上最高レベルの豪華メンバーが出走予定と、こちらも目が離せない。ますます盛り上がる秋競馬は、シンクタンクをしっかり活用し、これらの大一番でさらなる感動と興奮を手にしたい。

(文=編集部)

CLICK → 【秋華賞情報 特別無料公開!】シンクタンク

※本稿は㏚記事です。

JRA秋華賞、傑出馬不在で一攫千金の大チャンス!武豊かルメールか?有力馬に不安情報ものページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事