NEW

関電金品受領、原資は市民が払った電気料金だった…「死人に口なし」で元助役=悪を強調

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会見する関電の岩根社長(右)と八木会長

「死人に口なし」とはまさにこのこと。さらに、昨年1月の金沢国税局の吉田開発(福井県高浜町)への査察がなければ、驚天動地の金品授受すべてが闇に葬られていた。

 10月2日、大阪市福島区の「堂島リバーフォーラム」に約200人を超える報道陣が終結した。最近、筆者が経験した記者会見ではレスリングの吉田沙保里さんの引退発表以来の盛況ぶり。壇上には関西電力の岩根茂樹社長(電気事業連合会会長)、八木誠会長(関西経済連合会副会長)が座った。

 関電幹部による巨額の金品受領発覚直後、岩根社長が会見したが、「個人情報」を盾に受領者名をはじめ内容の公表を拒否して非難を受け、5日ぶりの再会見となった。

 2人は自らを含めて20人の幹部が、3月に90歳で死去した福井県高浜町の森山栄治元助役から計3億2000万円相当の金品を受け取っていたことへの反省の弁を口にしながらも、長い期間、返せなかった原因を森山氏の強面の人物像のせいだとした。

 金杯、小判――。金品授受の場面はまるで時代劇だ。岩根社長は「社長就任の祝いと言って森山氏に紙袋を渡された。お菓子でも入っているのかと思ったら、お菓子の下に金貨が入っていて、びっくりして金庫に保管させました」と説明した。

 森山氏が8年間で配った3億2000万円には、現金や商品券、ドル紙幣のほか、金貨、金杯、小判、背広の仕立券が含まれていた。一部を除きほぼ返却されているとした。記者には多くが「墨消し」された社内の「報告書」を配り、岩根社長が読み上げた。これは、国税査察後、外部委員の弁護士らに委託してつくらせたものだ。20人の受領者のうち、8人の名を伏せた理由を問われると、岩根氏は「執行役員職以上(のみを開示する)」と答えた。

 20人で3億2000万円。平均すれば1人1600万円だが、なんと2人だけが1億円を超えていた。突出していたのが鈴木聡常務の現金7831万円を含む約1億2000万円、豊松秀己元副社長は1億1000万円である。

 鈴木氏は原子力事業本部の元副本部長で、豊松氏は元本部長だ。同本部は地元の原子力産業の生殺与奪を握る。同本部は2004年に5人が死亡した美浜原発事故を受け、福井県美浜町に移った。この部門のトップたちに、地理的にも近くなった高浜町の森山氏からの金品が集中している。

 岩根社長は150万円と少ない。八木会長は金貨など約860万円。「背広の仕立券は費消してしまいました。あとで高価な(約50万円)ものと知り、お金で返すことを考えています」などと話した。国税査察は7年前までしか遡れない。

 八木会長は原子力事業本部の本部長だった。11年以前には受領していないと考えるほうが不自然だろう。関電が当初、内訳の公表を拒んだのは、受領額1億円を超える役員の存在で大きなニュースにされることを避け、たまたま少額だった社長本人が表に出れば乗り切れると考えたのではないか。

関電金品受領、原資は市民が払った電気料金だった…「死人に口なし」で元助役=悪を強調のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事