NEW
榎本博明「人と社会の役に立つ心理学」

40~50代を襲う「むなしさ」の正体…実り多い人生へ軌道修正するチャンス

文=榎本博明/MP人間科学研究所代表、心理学博士
【この記事のキーワード】, ,

 これまで自分と会社が一体化している感じだったけど、今の生活に疑問が湧いてくるにつれて、急速に会社が遠のいていく感じがするという人は、

「自分の人生、これでいいのか、これが自分が望む生き方だったんだろうか、っていう思いが強まってきて、生活を変えなくちゃ、って思うんですけど、どう変えていけばいいのかわからなくなって、ほんと行き詰まってます」

と、揺れ動く胸の内を語った。

「こんなはずじゃなかった」

「もっと違う人生もあったはずだ」

というように後悔の念に苛まれるようになる人もいる。

「このままだと、きっと後悔する。生活を変えるなら今のうちだ」

「自分はどんな生き方をしたいんだろう? 何かやり残したことはないだろうか?」

というように閉塞感のある現状を脱したいともがき始める人もいる。

中年期の危機=内向の時期の気づき

 中年期の危機ということが言われるのも、多くの人が心の声に誘導され、こうした葛藤に苛まれる時期だからだ。それは、40~50代というのが内向の時期だからだ。外ばかりを見てがむしゃらに生きてきた人でも、自分の内面に目を向けるようになる。

 社会に出るに当たって、「自分は何を求めているんだろう」「どうしたら自分が納得できる生き方になるんだろう」「自分らしい生き方ってどんな生き方なんだろう」と自分の内面に目を向けるのが青年期の内向の時期だ。

 目の前の仕事と向き合い、社会に適応するためにがむしゃらに働くのが20~30代の外向の時期である。

 そして、再び自分の内面に目を向けるようになる内向の時期がやってくる。そうした時期は40~50代にかけて訪れる。いつの間にか惰性で動く毎日になっていることに気づき、若い頃のような情熱や勢いを取り戻したいと思う人が出てくる。仕事は順調で、そこそこ出世もできていて、周囲からは成功者とみなされている人の中にも、そうした人生にむなしさを感じる人が出てくる。

 いずれにしても、これまで立ち止まることもなく仕事生活を続けていた人が、自分の生活を振り返り、

「これでいいんだろうか?」

「これが自分の望む人生だったんだろうか?」

「これで後悔しないだろうか?」

といった思いに駆られるようになる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合