NEW

テコンドー協会、分裂か、その腐り切った体質…補助金不正発覚でも居座る金原会長の恐怖支配

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テコンドー協会・金原昇会長(写真:アフロスポーツ)

 選手たちが競技環境の改善などを訴えたことに端を発する全日本テコンドー協会の内紛は、いまだに収束する気配がない。

 9月17日から強化選手を対象とした合宿が予定されていたが、招集された28人中26人が強化体制に対する不満を訴え、参加を拒否する異常事態が発生した。選手生命を賭して協会の不透明な実態を告発したのは、全日本選手権8連覇中の江畑秀範選手(スチールエンジ)。

 江畑は、強化合宿への参加費が非常に高額であるため、選手にとって大きな負担となっていると協会に訴えたところ、合宿に参加できないなら強化選手から外すと脅されたことを明かした。

 また、国の補助金として協会に支給されている「選手強化費」が適正に運用されているのか、疑問を投げかける声も高まっている。

 選手たちの一斉蜂起ともいえる事態を受け、シドニー五輪銅メダリストでテコンドー協会副会長の岡本依子氏が、金原昇会長をはじめとする理事の総辞職を提案したが、8日に開催された理事会で否決された。

 岡本氏は「陰で(支援すると)言ってくれる人はいるんですが、声を上げる人がほしい」と、理事会などでは金原会長を恐れて理事たちが委縮している様子を示唆した。さらに、代表監督ら強化スタッフ3人を解任することを決議。これは金原会長らによる“とかげのしっぽ切り”だと批判が起きている。岡本氏と、同氏に同調した高橋美穂氏は理事の辞職を申し出たという。10日には、一部のテコンドー協会員から、全理事の選び直しを求める動きが出ているとの報道も出てきた。

 一連の騒動を受けて、ネット上を中心に岡本氏を中心として分裂したほうがいいのではないか、という声が多く見られるようになった。

テコンドー協会、分裂か、その腐り切った体質…補助金不正発覚でも居座る金原会長の恐怖支配のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事