NEW
連載
木村貴「経済で読み解く日本史」

歴史的大失敗だった平安京…教科書で見る“美しい町並み”の嘘

文=木村貴/経済ジャーナリスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 桓武天皇が意欲的に推し進めた平安京の造営は、並行して行われた蝦夷征伐とともに、財政に重くのしかかった。このため805(延暦24)年、藤原緒嗣の進言によって中止され、翌年、桓武天皇は70歳で没する。

 平安京といえば、教科書に載る碁盤目状の整然とした街区の都市が思い浮かぶ。しかし、この図は理想型であり、実際には開発が途中で放棄されたため、歴史上、一度も実在したことはない。

 それでもその後、古代国家は不都合なく機能した。ということは、そもそも全域を開発する必要がなく、「設計段階から平安京は過大」(前出・桃崎氏)だったということになる。規模に見合う来場客を集めることのできない、現代の五輪施設を思わせる。

 うなぎの寝床と呼ばれるほど間口が狭い京町屋は、現代京都の貴重な景観として有名だ。これは朝廷が設計したものではない。商業が活発になった10世紀頃から、住民が実用性を重視して建てるようになったものだ。街路から垣で隔てられず、直接出入りできる。朝廷は何度禁じても一向に根絶できず、弾圧を諦めた。おかげで京町屋は現代にその風情を伝えることができた。

 東京五輪を機に多くの外国人が来日し、観光などで京都を訪れるだろう。そのとき私たちは京都の美を誇るだけでなく、庶民のニーズを無視した平安京の苦い経験や、その教訓を現代に生かせない日本の不甲斐なさについても、忘れないようにしたい。

(文=木村貴/経済ジャーナリスト)

<参考文献>

桃崎有一郎『平安京はいらなかった』吉川弘文館

川尻秋生『平安京遷都』岩波新書

●木村貴(きむら・たかし)

1964年熊本県生まれ。新聞社勤務のかたわら、欧米の自由主義的な経済学や政治思想を独学。経済、政治、歴史などをテーマに個人で著作活動を行う。

twitter: @libertypressjp

ブログ「自由主義通信」

関連記事