古いレターパックプラス・ライトは消費税が上がった10月からどうすればいい?

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 ネットオークションや自営業の事務でレターパックプラス・ライトを大量に使っている人は多いだろうが、2019年10月1日から消費税が10%になったあと、10月1日以前に購入しストックしているレターパックはどうなるのだろうか? 今回は10月から値上げされたレターパックをどうすればいいか解説しよう。

旧封筒は手数料42円で新封筒に交換してもらえるが……

(Image: Amazon.co.jp)

 2019年10月1日から消費税が10%なったが、10月1日以前に購入しストックしているレターパックプラス・ライトはどうすればいいのだろうか? 

 そもそもレターパックは、定額で日本全国どこでも信書も送れるサービス。専用封筒を買って、重さ4kgまでのものを封筒の中に入れて厚さ制限なしで510円で送れるレターパックプラスと、厚さ3cmまでなら360円で送れるレターパックライトの2種類があった。

 しかし、10月1日からはレターパックライトが370円に、レターパックプラスは520円に、それぞれ10円ずつ値上げされた。郵便局に行けば旧料金のレターパックは42円の手数料を払うことで、新料金対応の封筒に交換してもらうことはできる。だが、10円の値上げなのに交換手数料を40円以上支払うのは納得できないだろう。

続きは【オトナライフ】で読む

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

ヘルス・ライフ

ビジネス

総合

SNS