NEW

「いきなり!ステーキ」を倒すのは「やっぱり」か? ステーキ180gで1,000円の妙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「いきなり!ステーキ」を倒すのは「やっぱり」か? ステーキ180gで1,000円の妙の画像1

「いきなり!ステーキ」店舗(画像はWikipediaより)

 日本人にとって、“ステーキ=ごちそう”というイメージは根強い。しかし2013年12月、「ペッパーランチ」を運営するペッパーフードサービスが「いきなり!ステーキ」の展開を始めたことで、この国のステーキのあり方は一変したといってもいい。

 「いきなり!ステーキ」は現在、国内477店舗(今年8月末時点)という規模にまで成長している。安価な立ち食いスタイルを採用(座席が用意されている店舗も多い)して、ステーキはグラム単位の量り売り。都心を中心として全国に出店ラッシュを起こし、特別な日のご馳走だったステーキを街中で気軽に楽しめるものへと昇華させた。

 だが、そんな「いきなり!ステーキ」のブームにも陰りが見えてきている。今年8月に発表されたペッパーフードサービスの2019年6月期第2四半期決算によれば、「いきなり!ステーキ」の売上高は前年同期比28.6%増の302億100万円を記録したものの、セグメント利益は同26.6%減の16億8100万円に落ち込んだ。この減益の理由を、同社は「店舗同士の競合などによる既存店不振の影響」と分析しているが、果たして本当にそれだけなのだろうか。

「いきなり!ステーキ」を倒すのは「やっぱり」か? ステーキ180gで1,000円の妙のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事