これまでは“口は悪くておバカでも良妻賢母”というキャラクターが受けて、ママタレとして育児本も出版するほどでしたが、今回のスキャンダルはかなりの痛手です。事実上、木下のタレント人生はこれで終わり。あとは夫のフジモンにがんばってもらうしかありません」

 また、テレビ局関係者はいう。

「元ヤンキーキャラの一方で裏表のない言動で好感度も高く、木下自身も“ブサイク”と評するお笑いタレントの藤本敏史(FUJIWARA)と結婚し、2人の子どもを育てるママタレとしも人気がありました。それだけに、今回公けになった恫喝DMの文面はシャレにならないレベルで、局の間では、木下が映る映像はカットするなり、使用を見合わせる動きが出ています。今後テレビのみならず雑誌などにも出ることは厳しいでしょう。

 また、木下の事務所は菜々緒や中村アン、佐久間由衣をはじめ、ドラマなどにも出演する女性モデルを多数抱えており、クリーンなイメージを維持することが非常に重要な事務所でもあります。今回、木下はその事務所の名前を使って相手を恫喝しており、事務所としては毅然とした対応が求められます。メディアは一斉に木下の起用を自粛するでしょうから、事務所にとって木下を抱えておくのはデメリットしかなく、事務所を守る意味でも解雇という選択肢も考えているといわれています。いずれにしても、活動休止は免れないという見方が強いです」

 フジモン・木下夫妻は、文字通り危機を迎えている。

(文=編集部)

 

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ