NEW

神戸教員間いじめ、背景に教員人事の「神戸方式」…“現場重視”が異常な事件を生む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸市立東須磨小学校

 教員の程度の低さに唖然茫然である。そして学校現場での隠蔽は明らかだ。

 神戸市立東須磨小学校で20代の男性教員Aさんが、40代の女性教員と3人の30代の男性教員の4人によって、激辛カレーを無理やり口に入れる、目にカレーを塗る、焼き肉のたれや辛いスープを大量に飲ませる、ロール紙の芯でミミズ腫れになるまで尻を殴る、車の屋根を土足で踏む、若い女性教員にセクハラのメールを送信させる、などさまざまな嫌がらせをしていた(神戸市教育委員会が未確認のものも含む)。Aさんの代理人弁護士は10月11日になって、兵庫県警に「暴行容疑」で被害届を出した。

 Aさんは精神的苦痛などで今年春から呼吸困難や嘔吐の症状が現れて、9月の初めから休職し、家族が市教委に通報した。嫌がらせは教育実習を終えたAさんが2017年春に初任地として同小学校に赴任した頃から始まっており、昨年になって激しくなった。Aさんは今年7月に教頭に被害を訴えたが、被害を知った仁王美貴校長(55)は4人に口頭で注意しただけで市教委には問題行為を報告せず、現場で握りつぶした。

 A さんは同校長に手紙を送り、加害教員が撮影した嫌がらせの写真、嫌がる被害者を男性教員が羽交い絞めにして女性教諭が口に激辛カレーを運んで喜ぶ様子が映る映像も渡していたのだ。10月9日に会見した仁王校長は「許せない行為、校務から外した」とし、一方で対応の甘さを謝罪し涙を見せたが、隠蔽は明白だ。仁王校長は今春まで東須磨小で教頭だった。 

 4人は「そこまで嫌がっているとは思わなかった。悪ふざけが過ぎた」と弁明しているという。女性教員らは生徒に「カレーを吐いたりするのが面白かった」と嬉々として話していたというから驚くしかない。罪の意識はゼロだったのだろう。4人が「悪ふざけ」と言っていることに対してAさんの代理人は「嘘ではないかもしれないが、こうした事案の場合、ほとんどの加害者はそういう弁明をします。放置できる事案ではなく、刑事告訴も視野に入れています」と話す。どう考えても教壇に立つべき人間ではない4人が「指導力がある」などと評価されていたというから不思議だ。

 10月9日に仁王校長らが開いた会見は午後5時から4時間に及んだ。ごまかそうとするから長くなる。こうした事案は多くの場合、教育委員会の隠蔽指示が見受けられるが、今回は仁王校長、前校長ら現場サイドが隠蔽したのだろう。仁王校長は会見中、加害教員の一人の男性教員が受け持っていた学年を口にした。すぐに「言ってはいけないことを言ってしまいました。個人が特定されるかもしれないので」などと盛んに繰り返した。あたかも被害教員よりも加害教員を守ることのほうが大事なような姿だった。

神戸教員間いじめ、背景に教員人事の「神戸方式」…“現場重視”が異常な事件を生むのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事