NEW

長年義理の親を介護した妻が「相続法改正」でお金を請求できる権利が発生!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 これまでの相続法では、義理の親(舅・姑)の介護で苦労した妻でも、相続人の夫が死亡した場合、妻に遺産が渡ることは一切なかった。しかし、これではあまりにも理不尽だということで、2019年7月の改正相続法では「特別寄与料」というシステムで救済されることになったのである。今回は、知らないと損する改正相続法について解説しよう。

義理の親を介護した長男の妻に財産分与はなかった!

長年義理の親を介護した妻が「相続法改正」でお金を請求できる権利が発生!の画像1

「相続」は基本的に血縁関係のある親子や配偶者間で行われるのが基本的なルールとなっている。たとえば、寝たきりになった義理の親(舅・姑)を何年も介護し続けた妻の場合、相続人である夫(長男)が死亡したあとに義理の親が亡くなると、これまでの相続法では、長男の妻は相続人とはならず、1円も財産を受け取るとることができかった。

 逆に、一切親の面倒を見なかった夫の兄弟たちは相続人であるため、ガッツリ相続できるのである。これではあまりにも理不尽だということで、2019年7月からは改正相続法によって、このようなケースでは相続人以外の親族でも遺産相続した夫の兄弟に「特別寄与料」が請求できるようになったのだ。

 ちなみに「特別寄与料」には介護だけでなく、農作業や家族経営の手伝いなども含まれるので、もし、該当しそうな場合は税理士や弁護士などに相談してみよう。

続きは【オトナライフ】で読む

長年義理の親を介護した妻が「相続法改正」でお金を請求できる権利が発生!のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事