NEW

愛犬やネコに遺産を相続させることはできる?相続はできないが使うことは可能?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 皆さんは「海外の大富豪がペットの犬に遺産を相続させた」なんてニュースを聞いた覚えはないだろうか? 日本では到底そんなことは無理だと思っているかもしれないが、実は日本でもまったく不可能だとは言えないのである。ということで、今回は、ペットへの相続について解説しよう。

日本の法律ではペットは「物」でしかない!

愛犬やネコに遺産を相続させることはできる?相続はできないが使うことは可能?の画像1
(Image:dennizn / Shutterstock.com)

「大富豪が愛犬に遺産を相続させた」こんなニュース、日本では笑い話になってしまうだろうが、アメリカでは州によって本当にペットに遺産相続させることが可能だという。

 確かに今ではペットは家族同然と可愛がっている人も多い。もし、身寄りのない天涯孤独な老人なら、自分の財産を遺されたペットの飼育費にしたいと願うのも十分理解できる話であろう。しかし、日本の相続法では遺産を相続(遺贈)できるのは「人」に限定されており、残念ながらペットは「物」扱いでしかない。したがって、正式な遺言書に「ペットに遺産を譲る」と書かれていても、実際にはペットに相続させることはできないのである。

 だが、日本でも遺言書によって、残されたペットの飼育のために遺産を使うことは不可能ではないのである。

続きは【オトナライフ】で読む

愛犬やネコに遺産を相続させることはできる?相続はできないが使うことは可能?のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事