NEW

LINEの「友だち招待用QRコード」が悪用され拡散、流出したときに回避する方法

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 LINEで友だちを追加するときに便利なQRコード。これを画像で相手に送っておけば、遠くの友だちでも追加してもらえる。もし、このQRコードが第三者にバレてしまった場合、誰でも自分を友だちとして追加できる状態になってしまう。トラブルを回避するためにも、QRコードはこまめに更新しよう。

安全のためにもQRコード定期的に更新する

LINEの「友だち招待用QRコード」が悪用され拡散、流出したときに回避する方法の画像1
(Image:Denys Prykhodov / Shutterstock.com)

 LINEで友だちを追加する方法でよく利用されるのが「LINE ID」や「QRコード」だ。しかし、「LINE ID」は、18歳未満は設定や検索ができない。そのため、18歳未満でも気軽に利用できる「QRコード」を活用している人は多いだろう。

 このQRコード、表示させるたびに更新はされているわけではなく、毎回同じものが表示されている。つまり、連絡先の交換で送ったQRコードが何らかの形で流出すると、自分のLINE連絡先が晒されるという状態になる。

 QRコードを送ったはいいけど不安になった場合や、見ず知らずの人が友だちに追加されているようなときは、QRコードを更新すればよい。更新することにより、前のQRコードを無効にすることができる。

続きは【オトナライフ】で読む

LINEの「友だち招待用QRコード」が悪用され拡散、流出したときに回避する方法のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事