NEW

多くの電車運転士が遭遇…人身事故後に襲われる“壮絶な体験”

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】多くの電車運転士が遭遇…人身事故後に襲われる壮絶な体験の画像1
「Getty Images」より

 9月から10月にかけて、東京都内の電車は多くのトラブルに見舞われた。筆者が利用する路線でも、台風15号、19号による影響で長時間の運休が余儀なくされたほか、人身事故が相次いだり、信号機故障でダイヤが乱れるといったトラブルがたびたび発生し、利用者がうんざりする姿をよく見かけた。

 だが、これらはある意味、仕方がないと割り切れる。どんなに鉄道会社が努力しても、自然には逆らえないし、人身事故を完全になくすことも難しい。その点、人的ミスは防がなければならないものといえる。2005年に発生したJR福知山線脱線事故を契機に、速度自動制御装置などの進歩・普及もあり、スピード超過などのトラブル報告は減ったが、いまだにオーバーランなどの細かいミスは散見される。

 降雪などで制動距離が想定よりも長くなるといった要因もあるが、人的ミスは運転経験が少ない“新人”運転手によることが多いという。もちろん、新人といっても入社直後の新社会人が運転しているわけではない。

「まずは駅などの業務を1~2年、それから車掌を2~3年経験し、やっと運転士になるための社内試験を受けられます。そこで合格したら、国家試験合格に向けた筆記試験対策(座学)と実技試験対策(操縦訓練)を受講。これがそれぞれ半年弱でしょうか。その後、国家試験に合格すると、晴れて動力車操縦者運転免許を取得できます」(都内の鉄道会社運転士)

 入社してから免許の取得までには、長い年月を要するというわけだ。しかし、免許を取得してもすぐに運転士として配属されるわけではなく、安心できないという。

「合格後には、線区の特徴などについて学ぶ期間があります。おおよそ数カ月ですが、明確に期間が定められているわけではありません。その間に適性がないとみなされると、運転士として乗務できなくなり、駅などに配属されることもあります」(同)

 一人前の運転士として乗務できるようになるまでの期間は鉄道会社によって異なり、十分な訓練を積んでいるとはいえ、停車位置をオーバーするといったミスは誰でも経験するようだ。もちろん、ベテランがミスすることもあるが、新人のうちはミスが起きやすいという。ちなみに、プロの運転士たちが乗客として電車に乗ると、事前のブレーキの掛け方などによってその電車を運転しているのが新人かどうかわかるという。

多くの電車運転士が遭遇…人身事故後に襲われる“壮絶な体験”のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事