NEW

鈴木尚広コーチだけじゃない…巨人、原監督は暴力団に1億円、阿部&二岡は芸能人と不倫

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木尚広コーチだけじゃない…巨人、原監督は暴力団に1億円、阿部&二岡は芸能人と不倫の画像1
現役時代の鈴木尚広氏(「Wikipedia」より/賀正)

 プロ野球の読売ジャイアンツ(以下、巨人)は、10月16日付で鈴木尚広1軍外野守備走塁コーチが「一身上の都合」により退団したことを発表した。鈴木氏には“W不倫疑惑”が持ち上がっており、突然の退団と合わせてファンに衝撃を与えている。

 既婚者で1児の父でもある鈴木氏のスキャンダルを報じたのは、10月17日発売の「週刊新潮」(10月24日号/新潮社)。記事によると、すでに家庭は崩壊しており、鈴木氏は妻と離婚訴訟中だという。また、“夫妻の知人”は鈴木氏について「時には奥さんを怒鳴ったり、手を上げることもあったとか」と証言しているほか、相手の女性は元アナウンサーで2児の母でもある「野原沙織さん(仮名)」と報じられている。

 さらに、記事内ではタキシード姿の鈴木氏とウェディングドレスをまとった野原さんの2ショット写真も掲載。鈴木氏のW不倫&ドメスティック・バイオレンス疑惑に、インターネット上では「夫がタキシード着て不倫相手と結婚の真似事をしていたなんて奥さんがかわいそう」「残された仕事を放棄してまで逃げるように退団したのを見ると、これが真相のすべてではない気がする」「『巨人軍は紳士たれ』というけれど、やたらスキャンダルが多いですね」といった声が続出している。

 今年、5年ぶり37回目のリーグ優勝を果たし、クライマックスシリーズでも阪神タイガースを倒して6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた巨人。その大一番が19日に迫るなかで突然のコーチ退団というのは、球界でも異例の事態だ。

 1997年に高卒で入団以来、巨人一筋の現役生活を送り、抜群の俊足と走塁技術で“代走の神様”として通算盗塁数228を記録した鈴木氏。2016年に引退後、今シーズンから1軍外野守備走塁コーチを務めており、巨人の盗塁数は昨シーズンの61個(リーグワーストタイ)からリーグ2位の83個に増えたばかりか、盗塁成功率も昨シーズンの7割3分5厘から8割6厘と大きく向上している。そして、チームが優勝したにもかかわらず、鈴木氏はわずか1年で電撃退団となった。

 一方で、巨人ではこれまでにもたびたび不倫騒動が持ち上がっており、2008年にはチームの中心的存在だった二岡智宏選手(当時)とタレント・山本モナのスキャンダルが話題となった。当時の報道によると、二岡氏と山本は五反田の“9800円”のラブホテルに入ったとされ、選手会長だった二岡氏はけがでリハビリ中だったこともあって大騒動に。同年、二岡氏は北海道日本ハムファイターズにトレードされ、ファンからも“左遷同然”などと指摘された。

 また、12年には阿部慎之助選手(当時)とグラビアアイドル・小泉麻耶の“3夜連続不倫密会”が報じられ、阿部氏が試合後に宅配便の配送人を装うような出で立ちで小泉のマンションを訪れる様子が“宅配屋慎ちゃん”と話題になった。さらに、14年には、阿部と小泉の関係は継続しており、小泉と大手芸能プロダクション幹部の間に起きたトラブルに阿部氏が巻き込まれたのではないか、とも報じられて波紋を呼んだ。

鈴木尚広コーチだけじゃない…巨人、原監督は暴力団に1億円、阿部&二岡は芸能人と不倫のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事