NEW

ラグビーW杯、南ア戦での日本の“秘策”…優勝の可能性はほぼゼロか、NZとの歴然たる差

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019 ラグビーW杯 日本対スコットランド(写真:AP/アフロ)

 現在開催中のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。13日に行われた1次リーグ予選A組最終戦で日本はスコットランドに28-21で勝利。A組1位となり決勝トーナメントに進み、日本としては史上初となるW杯8強入りを果たし、20日の強豪・南アフリカとの対戦を前に日本中が沸いている。

 今回の大会で日本戦は全試合が地上波のテレビ番組で生中継されており、初戦となった9月20日のロシア戦が平均視聴率18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とまずまずの数字を取ったのを皮切りに、その後は試合を重ねるごとに上昇し、今月13日のスコットランド戦では39.2%という驚異的な数字をマーク。人々のラグビーへの関心が高まっている様子がうかがえるが、今大会で日本が健闘している要因について、大学体育会ラグビー部OBは次のように語る。

「前回のW杯と比べ、明らかに戦術面が巧みになっています。たとえば1次リーグ第2戦のアイルランド戦では、相手が想定していたであろう“日本の戦い方のスタイル”をほぼとらず、相手の裏をかくことに成功していました。

 日本は初戦のロシア戦で、積極的に敵陣へキックを打ち込んでセンターラインを前へ上げる戦略をとりました。これは近年、各国選手のキックのスキルが向上して、もし自陣で相手にペナルティキックを許してしまうとバンバン得点を許してしまう傾向があるためで、できるだけフロントラインを上げて敵陣でプレイする時間を増やすほうがよいという事情があるためです。

 当然、第2戦で当たったアイルランドは、日本が同様の戦術をとってくると思っていましたが、日本はその裏をかき、キックの数を減らしてパスをつなぐ戦術を展開し、勝利を勝ち取りました。そして日本はかつてないほどにパスをつなげることに成功し、練習の成果を発揮しました。ラグビー経験者にしてみれば、日本のラグビーの水準が完全にこれまでとは違うステージに移ったと感じたでしょう」

ラグビーW杯、南ア戦での日本の“秘策”…優勝の可能性はほぼゼロか、NZとの歴然たる差のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事