NEW

女優業不振の吉岡里帆、人気『時効警察』へ“乗っかり”&世界観ぶち壊しにファン拒否反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女優業不振の吉岡里帆、人気『時効警察』へ乗っかり&世界観ぶち壊しにファン拒否反応の画像1
吉岡里帆

 今秋、連続テレビドラマ『時効警察』シリーズ(テレビ朝日系)が12年ぶりに復活した。2006年に『時効警察』、07年に『帰ってきた時効警察』が放送された同シリーズは、主演・オダギリジョーとヒロイン・麻生久美子の掛け合いが話題となり、人気を博した。

 今年9月に『時効警察・復活スペシャル』が放送され、第3シリーズとなる『時効警察はじめました』が10月11日にスタート。初回の平均視聴率は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、深夜帯(毎週金曜23:15~0:15)にしては大健闘を見せた。

『時効警察』は刑事ドラマであり、コメディミステリ。総武署時効管理課を舞台に、時効が成立した未解決事件を趣味で捜査する警察官・霧山修一朗(オダギリ)と、同僚で“助手”を務める三日月しずか(麻生)が毎回、真相解明のために奔走するという内容だ。

 オダギリと麻生をはじめとする主要なキャストは過去作と同役で出演している一方で、今シリーズからは吉岡里帆が新人刑事の彩雲真空役で出演している。「ガンバリマス!」が決めゼリフという役どころで、吉岡が刑事役を演じるのは初めてだ。しかし、その演技にネット上では「オーバーアクションで不自然。あざとい演技が目につく」「これじゃ独特の世界観がぶち壊し」「いらなくない?」「そういう役どころなんだろうけど、やる気はあるのに空回りしてる感がハンパない」といった声が噴出している。

「確かに、熱血系の役を演じる吉岡はドラマ内ですねる様子やふくれっ面を見せていますが、キャラ設定や演技の“温度”に関しては制作マターの面もあるので、吉岡ひとりを責めるのは筋違いでしょう。ただ、『時効警察』はメイン監督を務める三木聡の真骨頂ともいえるユルい笑い連発の“脱力系コメディ”であり、麻生久美子がコメディエンヌとしての才能を開花させた作品でもあります。オダギリジョーの演技力は言うまでもありませんが、脇を固めるのも、岩松了、ふせえり、江口のりこなどの芸達者が揃っており、ドラマ全体に独特のノリを生み出しています。

 そんななか、過去にも演技を酷評されることの多かった吉岡の存在が『時効警察に合ってない』『場違い』と集中砲火を浴びており、早くも不要論まで飛び出しているのです。また、同ドラマは霧山と三日月の微妙な関係も見どころのひとつですが、吉岡演じる彩雲が2人の間に割って入るような展開もあり、『出しゃばりすぎ』『しゃしゃり出るな』といった反発を招いてしまっています。いずれにしろ、12年ものブランクがありながら復活するほどの人気ドラマだけに、固定ファンの見る目は厳しいということではないでしょうか」(芸能記者)

 9月に放送された『復活スペシャル』では、ゲスト出演した武田真治と菊地凛子がともにアクの強いキャラを好演し、「ハマってる」「よく馴染んでいた」と称賛されていただけに、新たにレギュラー入りした吉岡への非難が目立ってしまっているという事情もありそうだ。また、「吉岡のドラマ出演にまつわるイメージも関係しているのでは」と語るのはテレビ局関係者だ。

女優業不振の吉岡里帆、人気『時効警察』へ“乗っかり”&世界観ぶち壊しにファン拒否反応のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事