NEW

批判殺到の佳子さま、「佳子さまフィーバー」はいつ反転したのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

批判殺到の佳子さま、「佳子さまフィーバー」はいつ反転したのかの画像1

「眞子さま佳子さま プリンセスの新たな旅立ち」扶桑社

 秋篠宮家の次女・佳子さまが今月初旬にダンススクールの発表会に参加したことを多くのメディアが写真つきで伝え、ネット上では「下品」「ダンスの前に公務では?」などのバッシングが飛んでいる。

 佳子さまは国際基督教大学(ICU)在学中からダンスの練習に励んでおり、大学を卒業した後もダンススクールに通っているようだ。佳子さまのダンス発表会の様子を伝えた「週刊女性PRIME」によると、佳子さまのダンスはハイレベルであり、足にはテーピングがされていたという。短めのトップスからは割れた腹筋がチラチラと見えていたそうだ。

 社会人がダンスを踊ろうが、お腹の見える洋服を着ようが咎められることは普通ないが、佳子さまは皇族であり「皇族としては下品」「もっと皇族らしい振る舞いをしてほしい」などの苦言が噴出している。また、「公務はどうなっているのか」「ダンスの前に公務では」と、佳子さまが仕事そっちのけでダンスをしていると指摘する声も多い。

批判殺到の佳子さま、「佳子さまフィーバー」はいつ反転したのかのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事