NEW

日本シリーズ、ラグビーW杯の次はコレ!10万人が殺到するイベントに乗り遅れるな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ダービー馬・ワグネリアンも登場

 読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスによるプロ野球日本シリーズも大きな盛り上がりを見せ、ラグビーワールドカップもいよいよ決勝が迫ってきた。さらに今週末の27日には東京競馬場で、競馬の大一番である第160回天皇賞(秋)が行われる。まさに日本中がビッグイベントで溢れており、スポーツファンは充実した時間を過ごしているだろう。

 この天皇賞は今回で160回目を迎えるが、春と夏を合わせて実施しているため、今年で約80年目のレースとなる。それでも第二次世界大戦前の1937年より行われていたレースであり、歴史の重みは大きい。過去の勝ち馬はシンザン、ミスターシービー、サクラユタカオー、タマモクロス、エアグルーヴ、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、シンボリクリスエス、メイショウサムソン、ジャスタウェイ、モーリス、キタサンブラックなど歴史に残る名馬がズラリ。

 今年もそんな歴史的名馬と遜色ない実績馬が出走する。なかでも、すでに名馬として歴史に名を残すことが確実視されている“最強牝馬”アーモンドアイの存在は、多くの競馬ファンから注目されている。さらに、“3歳最強馬”サートゥルナーリアも菊花賞を回避してこの天皇賞に挑戦。ほかにも、ウインブライト、ワグネリアン、マカヒキ、ダノンプレミアム、アルアイン、スワーヴリチャード、アエロリット、ケイアイノーテックなど合計10頭のG1ホースが出走を予定し、まさに各世代の実績馬が揃った。

 レース前までは日本中もお祭り騒ぎとなり、全国1000万人といわれる競馬ファンがさまざまなSNSや酒の席でどの馬が勝つのかどの馬券を買うべきか、それぞれの思いを議論していくだろう。そして当日は10万人の競馬ファンが東京競馬場に集結し、数百億円もの馬券が売れるビッグイベントなのだ。

 天皇賞はレースとしても魅力的だが、馬券としての魅力も大きい。現在8年連続で万馬券が飛び出しており、過去10年で1番人気はわずか3勝と波乱のレース。今年はアーモンドアイが1番人気となりそうだが、同馬は春の安田記念で3着に敗退、そして今回は休み明けでもあり、何やら不穏な空気も漂っている。

ダノンプレミアムの巻き返しはあるか?

 万馬券は人気馬が敗退し、人気薄の馬が上位に入ることで発生し、掛け金が100倍以上になって払い戻される馬券をいう。JRA(日本中央競馬会)の3連単馬券では、最高配当が2983万倍に上ったこともある。これは100円が2983万円、1000円が2億9832万円に化ける夢のような超特大万馬券だ。もし、そんな万馬券を狙えるというのであれば、誰もがその馬券を買いたいはず。仮に人気のアーモンドアイやサートゥルナーリアが敗退すれば、歴史に残るような高額馬券が飛び出すこともあり得るのだ。

 そして、それは現実に起こるかもしれない。

 というのも、日本でもっとも万馬券を的中させてきたと思われる万馬券的中集団が、この天皇賞で「万馬券を狙える条件が揃い、的中を見込んでいる」と言うのだ。彼らによると、さまざまな関係者の本音や思惑が渦巻いており、マスコミがスポーツ紙や競馬専門紙に掲載する情報や関係者のコメント、テレビでのインタビューや合同記者会見の内容などは一切あてにならないとのこと。その結果、人気通りの決着となるのは考えにくく、さらに上位に来る馬の組み合わせを考えれば万馬券となる可能性が非常に高いというのだ。

 そのように語るのは、万馬券的中集団として有名な「暴露王」である。暴露王は年間300本以上の万馬券的中を公約に掲げ、過去すべて達成している驚異の万馬券ハンター集団。彼らがこれだけの万馬券を的中できる理由は、競馬界の裏も表も知り尽くす超ベテランの凄腕競馬記者たちと提携しているからだ。その記者たちは普通の競馬記者とは違い、365日24時間を競馬に費やして騎手や厩舎関係者と親密な関係を構築することで、競馬関係者の「本音」を聞き出すことができる猛者なのである。さらに、凄腕記者であると同時に、

「(所属している新聞社からの)給料はどうでもいい。馬券さえ買えれば生活できるから」

 と豪語するほどの凄腕馬券師でもあり、彼らが本気で勝負する馬券の威力は年間300本以上の万馬券実績が示す通り。本物の彼らと提携している暴露王だからこそ、どんな人気薄だろうと自信を持って勝負し、マスコミでは的中できないような万馬券を多く仕留めているのだ。たとえば、春のヴィクトリアマイルでは、こう語っていた。

「ラッキーライラックやミッキーチャームが人気を集めそうですが、我々が掴んでいるのは、関係者が口を揃えて『千載一遇の大チャンス』と語る激走馬。この馬がG1を獲れるとしたらこのヴィクトリアマイルしかないと言われており、陣営は後先考えずに究極の仕上げで挑むとのこと。この馬が馬券に絡めば、一撃必殺の特大万馬券は間違いなしです」

 そしてその言葉通り、レースは人気馬総崩れの波乱となり、3連単・17万5040円の万馬券を的中。さらに、東京の条件戦でも12番人気で1着となったミフトゥーロを本命に、3連単・40万2320円という特大万馬券も的中させたほか、先日の京都でも馬単15万1030円の高額万馬券を仕留めるなど、とにかく万馬券的中を量産、莫大な払戻金を獲得しているのだ。昨年秋のG1シーズンも、朝日杯フューチュリティステークスやチャンピオンズカップで人気薄を本命に万馬券を的中させるなど、とにかくG1レースでも強い。まさに競馬ファンにとって最後の駆け込み寺であり、理想的な存在なのである。

ヴィクトリアマイルでは宣言通りの万馬券的中!

 そんな暴露王が、万馬券の的中に自信を持つ今年の天皇賞。彼らによれば「危険な人気馬とマスコミが知らない穴馬の存在により、かなりの配当も見込んでいる」というのだから、ファンの期待もうなぎ登り。秋華賞、菊花賞と馬券で悔しい思いをした人は、ぜひ彼らの天皇賞情報をチェックすべきだろう。しかも今回は、まだ彼らの情報を体験したことのない競馬ファンに対して「無料で公開」というスペシャルなイベントを企画しているのだ。

 暴露王は、前述したヴィクトリアマイルでの40万馬券的中も同様の「無料公開」での的中だったという。そしてその的中で数百万円の払戻金を手にした勝ち組もいたというのだ。つまり、今週末の天皇賞においても、その衝撃の再現があってもおかしくないのである。それに乗り遅れないためには、この無料情報を活用すればいいだけ。こんなチャンスは絶対に逃せない。

 11月以降もエリザベス女王杯やジャパンカップ、そして有馬記念などビッグレースが目白押し。この天皇賞は始まりに過ぎない。そして暴露王では天皇賞の無料情報以外にも、的中請負人Mr.サンタによる無料買い目公開や、極穴重賞直前リポートなど注目コンテンツを無料で利用できる。天皇賞の無料情報と合わせて利用すれば、さらに競馬が楽しくなるだろう。

(文=編集部)

CLICK → 【無料公開!天皇賞(秋)勝負買い目3種馬券】暴露王

※本稿はPR記事です。

日本シリーズ、ラグビーW杯の次はコレ!10万人が殺到するイベントに乗り遅れるな!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事