NEW

チュート徳井、巨額所得隠し等で活動休止免れない情勢…テレビ各局、一斉に起用自粛か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チュートリアル徳井義実、巨額脱税として検察に刑事告発のレベルの画像1
申告漏れを指摘された徳井義実(左、インスタグラムより)

 お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実が計約1億2000万円の申告漏れを、東京国税局から指摘されていたことが物議を醸している。

 各社報道によると、徳井は、所属する吉本興業から支払われる出演料などを自身が設立した個人会社「株式会社チューリップ」を通して受け取っていた。同社は2012年から15年までの4年間で個人旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として計上。東京国税庁はこの経費部分約2000万円を認定せず、仮装隠蔽を伴う所得隠しとした。また16~18年の3年間の所得をまったく申告していなかったため、国税局はこの間の所得約1億円の申告漏れを指摘したという。

 重加算税を含め、追徴税額はあわせて約3400万円だったが、徳井はすでに納税と修正申告を済ませているという。

他の芸能人にも飛び火か

 こうした事態にネット上では徳井に対する厳しい意見があいつでいる。

「これは酷いな…申告無しで納税してない…無茶苦茶だ」(原文ママ、以下同)

「さすがに徳井の件は知らなかったじゃ通らんだろ。会社設立してまで節税しようとしてるのに申告しない意味がわからん」

 一方で、他の芸能人への影響拡大を予想する声も多い。

「徳井さんの件、経費の内容見ると議員とかも引っ掛かりそうな内容で庶民にはわからないけどお金持ちでは結構やってる人多い裏技的な感じなきもする」

 元大阪地検特捜部主任検事の前田恒彦氏はYahoo!ニュースのオーサー報告で、次のようにコメントした。

「個人的な旅行代などを会社経費に付け替えたという点も看過できませんが、特に重要なのは2016年から18年までの3年間、全く収入を申告しておらず、それが約1億円にも上るという点。その理由や経緯、手口などにもよりますが、国税当局が脱税事件として検察に刑事告発しても不思議ではない金額です。重加算税まで課せられており、悪質な仮装隠蔽の事案であることは間違いありません。

 闇営業問題が取り沙汰されたときも、報酬をきちんと税務申告していなかった芸人が数多くいました。こうした納税逃れは芸能界でも『ありがちな話』では。

 消費税の増税を受け、『税負担公平』の観点から国税当局は脱税事件の摘発に力を入れていくはずです。『一罰百戒』の観点から芸能界がターゲットになる可能性もあり、幅広い税務調査で『飛び火』する芸人が出てくるかもしれませんね」

税理士はついていたのか?

 一連の報道に、政府系金融機関に勤務する公認会計士は次のように話す。

「経費処理が認可されないことは、芸能人のような職種の場合、あり得るのかなとも思います。ひと昔前は、大物俳優とかがアクセサリーなどを個人事務所の経費でごり押しで落としていた話も聞きましたが、最近ではまず通りませんよ。

チュート徳井、巨額所得隠し等で活動休止免れない情勢…テレビ各局、一斉に起用自粛かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事