NEW

自宅近くに呼び出し…某有名女優、若手男性俳優たちを“たぶらかす”謎の行動

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 10月1日、女優の多部未華子が写真家の熊田貴樹氏との結婚を発表した。突然の発表で業界ではお相手の熊田氏へ注目が集まっているが、結婚願望が薄いとみられていた多部に何が起きたのかと、周囲は驚いているという。

「20代前半から本当にモテるイメージで、よく若手俳優さんからご飯に誘われていました。多部さんは自宅付近のレストランまでお相手の俳優さんを呼んでご飯を楽しむのですが、いつも早めに解散をするので、男のほうは“お預け状態”にさせられた気持ちになるようです。その気にさせるのがうまいんですよ」(多部を知る業界関係者)

 そんな多部だが、つい最近まで結婚願望は薄かったようだ。たとえば2月に発売されたファッション誌「GINGER」(幻冬舎)のインタビューで、結婚願望については「ない」と断言した上で、次のように語っている。

「夫になる人に対しても、自由にさせてほしいとか友達を家に呼んでも怒らないでほしいとか、要求ばかり出てきてしまうので難しいかもしれないです(笑)。そもそも私は飽きっぽいのでひとつのことを長く続けるのが苦手なんです」

 独身ライフを謳歌しているようにも見えたが、今回結婚に至った理由は、夫となった熊田氏の“放置力”だったという。

「多部さんは10代の頃から芸能界で活躍していたこともあり、常に誰かが自分のそばにいる状態がストレスに感じることが多く、恋愛でも同じで、追われる恋愛が苦痛だったようです。でも、熊田さんはそんな多部さんを見守るように付き合ってくれたようで、プライベートにも仕事にも干渉しない。年齢も少し離れているせいか、ぶつかることもないみたいです。また、多部さんには意外と男まさりな部分があり、彼氏よりも友達との遊びを優先することも結構あったようです」(前出と別の多部の知人)

 多部と親交のある綾瀬はるかや新垣結衣も、独身生活を楽しんでいるなか、そうした友人たちに囲まれて、自然と結婚を意識する機会が少なかったのかもしれない。

「結婚に踏み込んだ理由は、子供でしょう。過去に35歳までに子供が欲しい、と話していました。なので今回の結婚も、多部さんの人生設計どおりに進んでいるのだと思います」(同)

 多部の幸せな結婚生活を願いたい。

(文=編集部)

自宅近くに呼び出し…某有名女優、若手男性俳優たちを“たぶらかす”謎の行動のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事