NEW

人を憎み関西を憎み「反省しない」と宣言した死刑囚の最終陳述

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

人を憎み関西を憎み「反省しない」と宣言した死刑囚の最終陳述の画像1

「Getty Images」より

 2005年(平成17年)から、主に刑事裁判を見つめ続け、傍聴ライターとして活動してきた高橋ユキが、これまで傍聴してきた刑事裁判を紹介してゆく。

 今回振り返るのは「京都・神奈川 親族連続強盗殺人事件」。2007年の冬、京都府長岡京市と、神奈川県相模原市で、親類を殺害し、金品を奪った男が逮捕される。のちに2件の強盗殺人罪で起訴されたが、初公判の罪状認否では「2人の冥福を祈るつもりはない」と述べる。彼は強盗目的ではなく「社会への仕返し」として事件を起こしたのだというのだ。

人を憎み関西を憎み「反省しない」と宣言した死刑囚の最終陳述のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事