NEW

京都市が吉本興業にステマ依頼? 宣伝ツイートに「#PR」なぜ必要か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

京都市が吉本興業にステマ依頼? 宣伝ツイートに「#PR」なぜ必要かの画像1

ミキ亜生Twitterより

 京都市が市の施策やイベントのPRを吉本興業所属の芸人に依頼し、よしもとクリエイティブ・エージェンシーと芸人の1ツイートにつき25万円、計100万年を支払う業務委託契約を結んでいたことが27日、分かった。吉本の人気お笑いコンビ「ミキ」の二人は昨年10月、京都市に関するツイートを計4回行っていたが、広告表記がなかったことが「ステマ(ステルスマーケティング)ではないか」として問題視されている。

 2018年度に京都市と吉本が結んだという業務委託契約は、吉本芸人たちが「京都市盛り上げ隊」を結成し、京都国際映画祭などをアピールするという内容で、総額420万円。そのなかには、イベント出演料のほか、京都市出身でTwitterのフォロワー20万人を超えるミキのSNS発信も含まれていたという。

 そして2018年10月、ミキの昴生と亜生は、Twitterで<京都最高ー♪みんなで京都を盛り上げましょう!! 京都を愛する人なら誰でも,京都市を応援できるんです!詳しくはここから!>などとツイートし、ハッシュタグで「#京都市盛り上げ隊」「#京都国際映画祭2018」「#京都市ふるさと納税」とアピール。二人合わせて計4回ツイートしているが、いずれも京都市から有償で請け負ったツイートであると分かるような「広告」「PR」表記はいっさいなかった。

京都市が吉本興業にステマ依頼? 宣伝ツイートに「#PR」なぜ必要かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事