NEW

山口真帆、ファンと“私的交際”写真報道…イメージ最悪、研音は進展次第で契約解除も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山口真帆(公式ツイッターアカウントより ※画像は削除済)

 アイドルグループNGT48元メンバーの山口真帆をめぐる一連の騒動が、新たな展開を見せ始めている――。

 1月、山口が自身の暴行被害をSNS上で告発したことが発端となり、メンバー間の確執や一部メンバーとファンとの交際疑惑が取り沙汰される事態に発展。これを受けNGT48の運営元AKSは3月、暴行事件に関する第三者委員会の報告書を発表し記者会見を開いたが、その会見内でまたもや“事件”が起きた。

 会見に出席した松村匠取締役(当時)らは、暴行事件へのメンバーの関与はなかったものの、42名中12名が一部のファンと“つながり”を持っていたと報告し、その責任は運営体制の不備にあったとして、当該メンバーへの処分等は行わないと説明した。

 これを受け山口は、会見が行われている時間帯に、自身のTwitter上で次のように投稿した。

「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」

「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりというのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」

 会見でこの山口の投稿について質問を受けた松村氏は、「(会見での発言について)訂正させていただきます」「私の勘違いでした」などと発言し、運営元と山口の間の不信が露呈した格好となった。

 その後、山口は4月にNGTを卒業し、5月からは数多くの人気俳優を擁する大手芸能事務所「研音」に所属。8月には公式サイトとファンクラブを開設、9月にはファースト写真集『present』(宝島社)が発売されるなど、芸能活動を展開している。

男性は山口との“私的なつながり”を主張

 一方、AKSは、山口に暴行を加えたとされる男性ファンらに損害賠償を求める民事訴訟を提起。男性側の代理人は、男性が山口と以前から“私的なつながり”を持っていたと主張している。

 男性側が提出した準備書面によれば、男性は山口から携帯電話などでNGTの内部情報などを伝えられたり、山口と同じマンションに転居後は廊下でプレゼントを渡したりしていたという。また、山口が主張している「顔をつかむ」などの暴行ははたいていないと主張している。そして8月には「文春オンライン」が、AKSの吉成夏子社長がNGTメンバーの保護者向け説明会で、もともとファンとつながっていたのは山口だと発言していたと報じ、再びこの問題が世間の注目を集め始めていた。

「AKSサイドは一貫して、以前から山口がファンと私的に交際していたと考えており、その証拠を押さえているという情報もある。真実が公にバレても構わないという自信があるからこそ、加害者男性への提訴に踏み切ることができたのです。AKSが裁判で求めているは、あくまでツアー中止等による損害の賠償であり、“暴行を受けた”という山口の主張の真実性を裁判所に認めさせようという意思など、みじんもありませんよ。むしろ、山口に延々と振り回され、好き放題に批判までされて大迷惑を被ったという意識なので、いつか仕返しをしたいくらいに考えているのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

山口真帆、ファンと“私的交際”写真報道…イメージ最悪、研音は進展次第で契約解除ものページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事