NEW

“退屈な映画”『ジョーカー』空前のヒットの謎…エンタメ性皆無ゆえの絶賛と批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『ジョーカー」の公式サイトより

 映画の世界的問題作『ジョーカー』の勢いが止まらない。10月29日時点で世界累計興行収入は7億8810万ドル(約857億円)にも及び、R指定映画の興収ランキングで史上トップに躍り出た。日本にも人気は波及し、10月27日時点で興収は約35億円、国内映画ランキングでは公開から4週連続首位に。まさに国内外において2019年を象徴する映画となっている。

 しかし、誰もが絶賛しているかといえば、そうではない。R指定ということで一部過激なシーンが含まれるが、それよりも議論の焦点となっているのはその内容だ。ストーリーは人気アメリカンコミック『バットマン』に登場する悪役、ジョーカーが生まれた経緯を悲惨な境遇と社会問題等を織り交ぜながら追うものだが、考えれば考えるほど観る者の気持ちが混沌とする、“不気味な映画”といえる。

 そこで、本作を観賞した映画業界関係者4人に『ジョーカー』がなぜヒットしたのかを分析してもらうと同時に、本編の感想を存分に語ってもらった。

※以下、一部に映画の内容に関する記述があるため、閲覧にご注意ください。

※前編はこちら

『“凡庸な映画”「ジョーカー」理由不明なヒットの正体…根拠なき熱狂の謎』

作品に散りばめられたスコセッシ要素

B 前評判としては、本作は『バットマン』シリーズに登場するジョーカーとは別物で、これはこれで独立した作品だから、今まで『バットマン』を観たことない人でも大丈夫って意見は結構あった。でも、個人的には映画としての面白さは『ジョーカー』だけじゃ完結しないと思うんだよね。

C そうなんですか?

B うん。主演のホアキン・フェニックスの演技とか、階段で踊るシーンとか、単体で見どころはいっぱいあるんだけど、クライマックスで両親を目の前で殺された幼少期のブルース・ウェイン(バットマン)が大きくなって『ダークナイト』につながるわけ。だから『ダークナイト』を見てるかどうかで後味が変わってくる。

A 確かに『ジョーカー』だけだと、こうしてジョーカーが生まれました、で終わっちゃうもんね。

C じゃあ『ダークナイト』の興収が微妙だった日本では、そのあたりが評価を分けてるところもあるんですかね。『スター・ウォーズ』をエピソード3だけ観てるみたいな。

“退屈な映画”『ジョーカー』空前のヒットの謎…エンタメ性皆無ゆえの絶賛と批判のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事