NEW
道明寺美清「人生は大逆転できる!」

あのサッカー元日本代表が実業家転身…「うんち」を解析→「アスリート菌」発見で大成功

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あのサッカー元日本代表が実業家転身…松島幸太朗らの「うんち」を解析→「アスリート菌」発見で大成功していた!の画像1
鈴木啓太氏

 医療業界のみならず、多くの分野で「腸内細菌」への関心が高まっているが、まだまだ未知の世界でもあり日々、研究が進められている。元サッカー日本代表・鈴木啓太氏は、そんな腸内細菌の力が話題となる以前から、腸が健康の要であると自身の体で実感し、健康管理のため腸にこだわってきたという。現在は、アスリートの腸内細菌を研究するAuB株式会社の代表取締役を務める。「特許ビジネス」と「フードテック事業」へも参入し、元サッカー日本代表から青年実業家へと華々しい転身を果たしたように見えるが、その陰には倒産の危機もあった。人生の大逆転を遂げた鈴木氏に話を聞いた。

現役時代の強さの秘密

 現役時代のみならず、サッカー選手を志していた幼少期から「腸のコンディション」を重要視してきたという。

「調理師をしていた母から、『人間は腸が一番大事だから毎日“便”を見なさい』と言われてきたので、子供の頃から便を見ることが習慣になっています」

 確かに、腸のコンディションは便に表れる。鈴木氏の場合は、さらに「便がすっきり出るとパフォーマンスが上がりますし、残便感があるとパフォーマンスが下がるということを実感していました。最近は『腸活』がトレンドのようですが、私は子供の頃から腸活をしていました」

 その言葉どおり、現役時代には腸活の力を実感する出来事があった。

「2004年3月、アテネ五輪アジア最終予選のUAEラウンドのとき、代表選手23人中の18人が下痢を発症し、試合直前までトイレに籠もりコンディション不良のまま試合が始まったのですが、私は下痢もなく良いコンディションを保つことができました。普段から腸活をしていたお陰だと思うと同時に、アスリートももっと腸活に注目すべきだと思いました」

体験が科学的知見と重なる

あのサッカー元日本代表が実業家転身…松島幸太朗らの「うんち」を解析→「アスリート菌」発見で大成功していた!の画像2

 現役時代の自身の体験から腸活の重要性に気づいた鈴木氏は、アスリートの育成や多くの人の健康向上のために何かできないかと考えていた。そんななか、2015年6月の現役引退間際に「便を調べている人がいる」と聞き、すぐに便の記録アプリを開発したというベンチャー企業の社長に会いにいった。そして科学的な知見が自身の体験から考えていたことと合致し、嬉しさのあまり、その場で興奮気味に自身の構想を話した。

「食事、運動量、競技成績、健康状態など普段の詳細なデータが豊富なアスリートに特化して腸内環境を調べることで、見えてくるものがあると思います。そしてそれはアスリートの育成や一般の方々の健康向上に役立つと思います」

 鈴木氏の話に興味を示した研究・経営のプロフェッショナルの協力も得られ、事業化へと乗り出した。

引退会見後の逆風

 引退会見で腸内細菌を解析する会社を立ち上げたと発表した鈴木氏に、世間の風は冷たかった。

「『サッカー選手にビジネスができるのか?』『やめたほうがいい、どうやってやるつもりだ?』などと陰口を言われ、逆風の中の立ち上げでした」

 しかし、鈴木氏は大きな夢を抱いていた。

「アスリートの腸内細菌を解析できれば、アスリート特有の菌の発見をはじめ、まだ世に知られていないような新しい発見ができるんじゃないかと考えました。仮に“アスリート菌”が発見できれば、腸からもアプローチできることになります。“アスリートの未来を切り開く”という一心で起業しました」

 最初の起業から間もなく、設立当初のメンバーと方向性が異なることが露呈し、株式をすべて買い取らなければならない事態となり、またも逆風に立つことになる。

「ビジネスの厳しさ、難しさを痛感しました。しかし、一方では覚悟ができ、代表取締役として目指すビジネスをスタートしました」

あのサッカー元日本代表が実業家転身…「うんち」を解析→「アスリート菌」発見で大成功のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事