NEW

JRAマイルチャンピオンシップで“神の予想”を体感せよ!的中のカギは外国人騎手か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAマイルチャンピオンシップで神の予想を体感せよ!的中のカギは外国人騎手かの画像1
競馬の神様が遺したもの

 世の中には多くの神がいる。駅伝では“山の神”、サッカーでは“神の手”など、さまざまな場面で神が登場する。そして競馬においても“予想の神様”といわれた伝説の競馬評論家がいたことをご存じだろうか。彼の名は大川慶次郎。競馬予想という分野を社会的に確立させ、1レースから12レースまですべてのレースを的中させる「パーフェクト予想」を4度も達成。さらに数々の伝説を残しており、多くの競馬予想家に影響を与えてきた。

 そんな大川氏が競馬ファンのためにつくった会社がある。それがホースメン会議だ。

「ひとりでも多くの競馬ファンに競馬の素晴らしさと、馬券で勝つ喜びを伝えたい」という理念を掲げて誕生したホースメン会議。今年で創立38年と歴史は古く、これまで数万人のユーザーが利用、今もその情報を活用して競馬の勝ち組となっている。大川氏亡きあと、そんなホースメン会議を支えるのが、“最強の頭脳集団”と呼ばれ、神様の遺志を継ぐ伝道者たちだ。

 現在の総監督を務めるのは、大川氏の弟子にして業界の誰もが「現役最強の実力者」と認める能勢俊介氏。競馬専門誌の看板予想家として活躍し、グリーンチャンネルやラジオNIKKEIの解説、各紙でコラムを掲載するなどマスコミ各社で活躍。大川氏唯一の後継者と称されるほどの人物だ。さらに、元JRA騎手で現役時代には皐月賞・菊花賞・有馬記念などを制覇した東信二氏の存在も見過ごせない。通算512勝、重賞21勝の実績、多くの後輩騎手から今も相談を受けるなど競馬界への影響力も大きい。また、実際に騎乗していた者にしかわからない騎手の心理や駆け引きから、素人には見抜けない穴馬や騎手の癖を見極められる。そして、日刊スポーツで25年も本誌予想を担当していた堀内泰夫氏、大阪スポーツで37年間の本誌予想を担当していた米原聡氏など、錚々たるメンバーがホースメン会議には集結している。彼らは、24時間・365日を競馬に費やし、人生を競馬に捧げた男たちでもある。

 それに加えて、数千名に達する全国の情報班から寄せられた情報を基に、業界最強の予想陣がレースを直前まで徹底的に分析。最終結論を競馬ファンに提供し、破格の的中率を記録している。

JRAマイルチャンピオンシップで神の予想を体感せよ!的中のカギは外国人騎手かの画像2
競馬界最強の頭脳集団

 彼らの予想を見て驚くべきは、この秋行われた天皇賞(秋)の結果だ。同レースは、一般のマスコミでは3歳馬・サートゥルナーリアが注目を浴び、実際に過剰といえるほどの人気を集めていた。しかし、ホースメン会議の結論は正反対のものだった。

「人気で敗退したサートゥルナーリアを軽視できたのは、角居厩舎が調教で失敗するパターンを知っていたからにほかなりません。サークル内でタブー視されている部分も含むため詳細は控えますが、その事実を把握できていたかどうか、これは馬券作戦において非常に重要です。無駄な馬券を買う必要がありませんから」(ホースメン会議スタッフ)

 そういった、彼らだけが見抜ける事実によって、天皇賞(秋)を見事的中。これぞプロとアマチュアの違いを見せつけた出来事でもあった。

JRAマイルチャンピオンシップで神の予想を体感せよ!的中のカギは外国人騎手かの画像3
天皇賞の的中に違いを見た

 そんな彼らが「今年も的中でしょう」と断言するのが、今週末に行われるマイルチャンピオンシップ。秋の最強マイラー決定戦である同レース、今年は6頭のG1ホースが出走する豪華メンバーによる対決となった。インディチャンプ、アルアイン、モズアスコット、ダノンプレミアム、ペルシアンナイト、さらに勢いに乗るダノンキングリー、ダイアトニック、レイエンダなど、非常にハイレベルな一戦といっていいだろう。

 加えて、このレースを難解にしているのが、短期免許で来日する外国人騎手の存在だ。LL・デットーリ、R・ムーア、O・マーフィー、W・ビュイックといったトップジョッキーが来日し、いきなりこのマイルチャンピオンシップで騎乗する。日本に来日してすぐ、今まで乗ったことのない馬でG1に挑戦するのだから、一般的には難しいといえるだろう。この外国人騎手と日本の武豊や川田将雅、さらにC・ルメールやM・デムーロがどんな争いを見せるのか――。

 いずれにしても、騎手の扱いが難解なのは事実であり、その正確なジャッジがレースを的中させるカギとなるのは間違いない。その点、ホースメン会議には元JRA騎手の東信二がおり、騎手のジャッジに抜かりはない。

 そういった事情も含めて、このマイルチャンピオンシップはかなりの混戦模様となっている。だが、ホースメン会議の面々はすでにレースの核心を把握し、的中に絶大な自信を見せている。

「マイルチャンピオンシップは昨年も的中させていますが、今年も前哨戦の富士ステークスで3万馬券、さらに毎日王冠、スワンステークスも的中と態勢は万全です。

 毎日王冠を制したダノンキングリーと、春の安田記念を制したインディチャンプが人気を集め、ライトな競馬ファンや一般マスコミも注目するでしょう。しかしながら、当社は出走予定各馬の情報収集を進める過程で、人気馬をまとめて負かすことも可能な人気薄必至の情報馬の勝負話を入手しました。その結論はレース当日に公開しますが、ひとつ言えるのは、今年も高配当必至のレースであるということ。

 人気薄ながらも馬券になる確率が高い狙い馬が存在するため、マイルチャンピオンシップは関係者の本音や確かな分析を施して臨まなければ、高配当を的中させるのは困難。いずれにせよ、今年もお任せください」(同)

 この話からも相当な余裕を感じさせるが、さらに注目すべき情報がある。なんと、「ホースメン会議によるマイルチャンピオンシップの最終結論予想」を、一般競馬ファンに向けて完全無料で公開してくれるというのだ。

 神の遺志を継ぐ男たちが提供する渾身のマイルチャンピオンシップ予想。果たしてそれがどんなものなのか、そしてどんな結末を迎えるのか、今はまだわからない。しかし、それがどれほどの価値があるかは、説明するまでもないだろう。神の遺志を継ぐ伝道者たちの本気予想。しかも「完全無料」であれば、利用しない手はない。この機会を逃さず至高の結論を手にし、週末の大一番で勝負をかけてもらいたい。そしてその払戻金は、いつもより豪華な食事に回してもいいし、家族への特別プレゼントに使ってもいい。もちろん、来週末行われるジャパンカップの軍資金稼ぎとするのもいいだろう。

(文=編集部)

CLICK → 無料公開!神の遺志を継ぐ男達の【マイルチャンピオンシップ結論】ホースメン会議

※本稿はPR記事です。

JRAマイルチャンピオンシップで“神の予想”を体感せよ!的中のカギは外国人騎手かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事