NEW

かき氷を出す店が「氷」の旗を掲げるルーツは明治時代? 身近なのに知らない食べ物の話

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

※画像:『お客に言えない食べ物の裏話大全』(青春出版社刊)

 少し季節外れですが、「かき氷」と聞いて思い浮かぶものの一つにあの旗があります。

 波しぶきをバックに赤い「氷」の文字が染め抜かれたデザインは全国共通。波の上を千鳥が飛んでいるものもありますね。

 なぜかき氷を出すお店は「氷」の旗を揃って掲げるのでしょうか。

『お客に言えない食べ物の裏話大全』(秘情報取材班編集、青春出版社刊)はそんな食べ物にまつわる意外と知らない話を集めた一冊です。

 本書によると、かき氷のあの旗は業界では「氷旗」と呼ばれる伝統の旗。話は明治維新直後までさかのぼります。

 江戸時代までは、夏場に氷が一般に出回ることはありませんでした。しかし明治初期になると夏でも氷が出回るようになります。すると中には不衛生なものも。

 伝染病の原因になるおそれがあったため、1878年、当時の内務省は衛生検査をはじめます。

 この検査に合格した氷は、販売者の名などをのぼりなどで明らかにするように義務づけられました。これが「氷旗」のルーツだと言われています。

 その後、製氷メーカーなどが、統一の氷旗をデザインし、小売業者らに配布するようになったため、同じようなデザインが全国に広まったのだそうです。

 今の私たち消費者にとっては、氷の旗は「おっ、この店はかき氷を出す店なんだな」と教えてくれる夏の風物詩ですが、昔は安全な氷の目印だったのですね。

 本書は他にも「『三元豚』ってどんな豚?」や、「丸くないのになぜ『丸大豆』?」など、食にまつわる少し深い話を知る事ができる一冊です。何気なく食べていた食べ物への意識が、ちょっとだけ変わるかもしれません。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

かき氷を出す店が「氷」の旗を掲げるルーツは明治時代? 身近なのに知らない食べ物の話のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事