NEW

サッカー日本代表“迷彩柄”新ユニに「究極にダサい」「恥ずかしい」と大ブーイング

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカー日本代表迷彩柄新ユニに「究極にダサい」「恥ずかしい」と大ブーイングの画像1
サッカー日本代表2020ユニフォーム(「アディダス公式サイト」より)

 サッカー日本代表の新たなユニフォームのデザインが発表された。

 日本サッカー協会(JFA)と日本代表のオフィシャルサプライヤーを務めるアディダスジャパンは11月6日、カタールワールドカップ・アジア2次予選をはじめとして、来年のAFC U-23選手権や東京五輪などで着用するユニフォームを発表し、記者会見を行った。代表ユニフォームは、およそ2~3年に一度のペースでリニューアルされている。

 日本代表の新ユニフォームのデザインについては10月中旬、海外のウェブサイトをはじめ、日本国内のメディアでも“迷彩柄”になると報じられ、画像も出回った。その際、「迷彩柄はファッションとしてはいいが、代表ユニフォームとしてふさわしくない」など、否定的な意見がネット上にあふれた。その後、アディダスジャパンは「当社の発表に基づくものではございません」と否定し、サッカーファンは安堵したという経緯がある。

 また、10月30日にはアディダスの公式ツイッターで「日本のすべてのサッカーファンへ。サッカー日本代表2020ユニホームが11月6日に解禁。みんなが見上げる空はひとつだ」と投稿し、新ユニフォームのテーマが“空”であることを示唆していた。

 そんななかで新ユニフォームが発表され、アディダスの担当者は「日本晴れ」がコンセプトであると語り、ユニフォームの前面は「それぞれの地点の人々が見てきた空がひとつになっていくさま」が、後面は「ひとつになった空が向かっていく最高の青空」が表現されていると説明した。

 これを受けてスポーツ紙やサッカーメディアなどでは、現代表選手や元代表選手、森保一監督の「かっこいい」「テンションが上がる」「斬新なデザインだ」といったコメントを掲載しており、総じて好評であるかのように見受けられる。

 だが、サッカーファンたちからは批判的な声が殺到している。一部のファンが反対しているというよりは、肯定的な声はほぼない印象だ。

「空がテーマとか説明しても、実際には迷彩柄」

「ダサすぎる」

「センスがない」

「これまでの日本代表の歴史をぶち壊すデザイン」

「日本晴れではなく、ただの迷彩柄にしか見えない」

「歴代最悪。練習用だけにしてほしい」

「ダサいを通り越して恥ずかしい」

「ユニフォームのデザインも最悪だが、ソックスの色が究極にダサい」

「迷彩柄とリークがあったときは誤報であってくれと願ったが、実際のユニを見て心が折れた」

一貫したコンセプトのない日本代表ユニフォーム

 

サッカー日本代表迷彩柄新ユニに「究極にダサい」「恥ずかしい」と大ブーイングの画像2
歴代のサッカー日本代表ユニフォーム(「Wikipedia」より)

 そもそも日本代表では、1930年代から青いユニフォームが用いられ、その後はしばらく青基調、白基調のユニフォームが入り混じる。88~92年には赤いユニフォームになるが、92年以降は「青系」となっている。

 アディダスは99年以降、JFAとオフィシャルサプライヤー契約を結び、日本代表にユニフォームを提供してきた。日本代表は“サムライブルー”との愛称が定着した感があるが、基調となるのは「青系」ではあるものの、スカイブルーになったり濃紺になるなど、日本代表としての明確なカラーはないのが実情だ。

 他方、世界の代表ユニフォームに目を向けると、細かいデザインは変更されても、色やコンセプトは大きく変わらないという国が多い。特にサッカーの強豪国や伝統国ほど、その傾向が強い。国旗をモチーフにしたデザインや色使いの国も少なくない。また、ほかの競技とも共通するデザインを取り入れている国もある。

 日本はこの20年ほどで、少なくともアジアではサッカー強豪国といえる地位を築いてきた。だが、数年に一度改定するたびに色もデザインも大きく変わり、一貫したコンセプトを感じにくい。

 新たなファン層を開拓したり、古参のサポーターにも定期的に買い替えてもらうためにも、常に新たな試みを取り入れたユニフォームを作成したいというメーカー側の思惑もあるのかもしれない。だが、少なくとも国を代表するチームのユニフォームは、ファンや選手が誇りを持って着られるものであってほしい。

(文=編集部)

サッカー日本代表“迷彩柄”新ユニに「究極にダサい」「恥ずかしい」と大ブーイングのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事