NEW

西武園ゆうえんち大改修、”USJ流”ノウハウ活用で再建図る…森岡毅氏が協力

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「西武園ゆうえんち HP」より

 西武鉄道は2020年に70周年を迎える西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)をリニューアルする。20年から順次改修を進め、21年に新装オープンの予定だ。改修期間中も閉園はしない。西武園ゆうえんちは設備の老朽化が目立ち、入園者数が落ち込んでいた。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)の再建に携わった森岡毅氏と組み、集客力のアップを目指す。

 西武園ゆうえんちは1950年に開園。大観覧車やプールなどが売り物だった。87年に「光GENJI」をテレビCMに起用し、91年には「SMAP」のデビュー発表コンサートを開催するなど若者の集客に努めた。年間来場者数は88年度に194万人を記録したが、これを頂点に、徐々に減少。2018年度は49万人にまで落ち込んだ。

 西武鉄道は西武線沿線の再開発に取り組んでいる。20年夏には所沢駅直結の大型商業施設「グランエミオ所沢」(所沢市)が完成する。21年には埼玉西武ライオンズの本拠地の「メットライフドーム」(所沢市)の改修が終わる。一連の再開発をテコに地域全体の魅力向上を図る。西武園ゆうえんちの再生では森岡氏が最高経営責任者(CEO)を務めるマーケティング支援会社の刀(東京・港区)と組む。USJの再建ノウハウを西武園ゆうえんちの立て直しに生かす考えだ。

USJのV字回復の立役者

 森岡氏はUSJのV字回復の立役者である。1996年、神戸大学経営学部卒。米日用品大手のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)でヘアケア商品を担当してシェアを飛躍的に高めた実績がある。マーケターと呼ばれるマーケティングのプロだ。

 米テーマパーク、USJが米国以外で初めて進出したのが日本だった。2001年3月、ユニバーサル映画のテーマパークとして開業。初年度は1102万人の来場者があった。運営会社USJは大阪市が25%を出資する第三セクター。社長は4代続けて大阪市のOBが務める天下り先だった。すぐに失速した。

 05年、米投資銀行ゴールドマン・サックス(GS)が出資。親離れが再建の起点となった。07年3月に東証マザーズに上場したが、直後のリーマン・ショックによる世界的不況で、来場者は700万人に激減。09年、GSが主導してMBO(経営者が参加する買収)を実施、USJの上場を廃止した。

 大株主のGSとグレン・ガンペルCEOはUSJの再生の“助っ人”として森岡氏に白羽の矢を立てた。10年6月、USJの企画担当の責任者に招かれ、手腕をいかんなく発揮した。「脱映画」の施設を推進。後ろ向きに走るジェットコースターなど集客策はことごとく当たった。14年、450億円を投じた映画『ハリー・ポッター』のエリアが大ヒット。来場者数は750万人から1400万人へと倍増した。

西武園ゆうえんち大改修、”USJ流”ノウハウ活用で再建図る…森岡毅氏が協力のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事