NEW

いまだにフジを苦しめる“スマスマの呪縛”…月曜夜10時枠、絶対に低視聴率しか取れず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 フジテレビが一時期の絶不調から脱しようとしている。ここ数年、民放で視聴率4位に終わる週ばかりだったが、最近はゴールデン帯で3位になる週も出てきている。局の売りだった月曜夜9時の連続テレビドラマ枠“月9”も好調を取り戻しつつある。それでも、いまだに暗黒の時間帯があるという。

「月曜夜10時の番組です。今は『新説! 所JAPAN』を放送しています。所さんの番組は『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)のように視聴率が高く、フジも期待していました。しかし昨年10月に始まって、今も4~5%台のままです。最近は月9の視聴率が回復してきているから、もっと上がってもいいんですけど……」(テレビ制作スタッフ)

 フジの月曜夜10時といえば、『SMAP×SMAP』が20年以上放送されていた。

「スマスマの頃は中居正広や木村拓哉が月9ドラマに主演する時もありましたし、月9の出演者がビストロSMAPに出演するなど、2つの番組に結びつきがあった。今はそれがない。フジの月曜夜10時台は、2016年にスマスマが終わってからどの番組も長続きせず、『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』『世界の村のどエライさん』ときて、『所JAPAN』ですでに3番組目です」(テレビ局関係者)

 プライム帯で3年も毎週のように1ケタ視聴率ばかりだと、フジの浮上にストップをかけてしまう。

「スマスマの後、フジは本当はジャニーズ事務所のタレントに新番組をやってもらいたかった。しかし、SMAPが不可解なかたちで解散し、すぐにジャニーズのタレントがやるとイメージが悪い。結果的に、今売れている芸人のバラエティになったが、どこかで見たようなありきたりな内容になってしまっていた。昨年2月には『世界の村』が平均視聴率2.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)というプライム帯では想像できない数字まで出てしまった。困った挙げ句、所さんに頼ったもののうまくいっていない」(別のテレビ局関係者)

 SMAP解散危機が浮上した16年1月、スマスマでメンバーが揃って謝罪したものの、元気のない姿はファンに衝撃を与えていた。

「あれはSMAPファンにトラウマを与えましたし、スマスマが復活するまでは意地でも月曜の22時はフジを観ないと決めている人もいるのかもしれませんね」(週刊誌記者)

 解散から3年になろうとしているが、今もフジはSMAPショックから癒えていないようだ。

(文=編集部)

いまだにフジを苦しめる“スマスマの呪縛”…月曜夜10時枠、絶対に低視聴率しか取れずのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事